御前崎

大崩から焼津に抜けることはできないから、戻って、150号線を西へ。
IMG_91800_201705181255458d4.jpg
あ、でも、これは・・・静岡の家の朝の1枚。(忘れてたヤツ・・・)
使った布団をそのまま・・・ってのも・・・ってことで、室内で日に当てようとしたら、その上に乗って寝始めた犬。
上に犬がのったら、意味ないんですけど~~~ま、カバーだけ洗えばいいけどさ・・・布団、片付けられないじゃん。
ってことで、シロン愛用座布団も横においてやったのに、あつかましく人間用の布団の上で寝る犬。
そういえば・・・3月の終わりから1人暮らし中の兄ちゃん。といっても、研修期間が終わったらどこに行くのかわからないから、会社が用意してくれたとこに住んでいて、貸し出しの布団がついているのだが、どうもそれがペラペラで、体が痛いらしい。
家にいた時はロフトベッドだけどそこそこ高機能のパッドと敷布団を使っていて、寝心地よかったはずだ。
それなのに、今はフローリングの上にペラペラ布団。背骨がよい状態で寝られていないのではないかと。。。それなりのホテルでは部屋の豪華さより、よい寝具を使っているってのを主張してますからね~寝具は重要ですよ。
IMG_33620.jpg
こちらのわんこさんは・・・マイ肉布団&分厚い毛でどこでも快適に寝られそうな気がするけど、ふかふかの場所を選んで寝る。
ただし、暑い時期になると、さやのベッドの階段(でっかい板)の上か、ほんのわずかに残されたフローリング部分で寝ている。
IMG_33730_20170518125548c56.jpg
2月だってのに、暑いですよ~~~!なシロンくん。
大崩を出たのが1時頃で、ここ御前崎についたのが・・・2時半過ぎ。
IMG_33770_201705181255508bc.jpg
???御前崎に異変あり!!
IMG_33790_2017051812555108b.jpg
いつ来ても、防潮堤に波がバシャバシャ打ち付けて、下手すると歩道の方まで波が飛び出してくるくらいだったのに、この日は珍しく砂浜部分が顔を出していた。
いつもここは海中で、歩ける場所なんかまるっきりないんですけどねー
お隣の浜岡砂丘が数十年の間で200メートルくらい砂浜が消えたっていうから、もうこの辺の海はだんだん陸を侵食して砂浜がなくなってきているのかと思ってたけど、めいっぱい干潮になると、いちおう砂浜が出現するようだ。
2月の海には、だ~~れもいないけど。
IMG_33800_20170518125633252.jpg
2月の平日だから来ている人も少ない。
いや~~御前崎で海の中から岩が見えているの、初めて見たよ。
P10507260_20170518125635f7d.jpg
下で波を見ていると、ものすごい勢いで防潮堤にバッシャ~ンとたたきつけるから、海に落ちたら波に防潮堤にぶつけられそうだと思って見ていたが…海側に引っ張られても、ゴツゴツした岩にぶち当たって、これもまた痛そうだ。
P10507380_201705181256363f4.jpg
ここから見ている分には、問題ないですけどね・・・波なんかまるっきり届きませ~~ん!
この日は途中の階段にコーンが大量に並べられていて美観を損ねるといいますか…写真を撮っても美しくない。
でも、工事個所を示すために置いてあるのなら勝手に移動するわけにもいかないし・・・
P10507390_20170518125638f0a.jpg
この角度で撮ると、手前の台に隠れて、わりと目立たないで撮れる。
けど、海成分が減るから、もういいです~~
P10507420.jpg
海だけ撮っておきましょう。
P10507430.jpg
もうちょっと西側は御前崎ロングビーチだから、まだ海岸は残ってますよ~~
ここ灯台前はすぐ海…の日が多いけど。
ちなみに、この日は海岸に行く気はなく、「御前埼灯台から展望台・夕日と風がみえるん台まで徒歩約10分、1.5Kmにおよぶロマンチックな遊歩道」があると書かれていたので、それを目指して、灯台の横にある高台の駐車場に車をとめて歩こうと思ったのだが…遊歩道がどこなのかわからなかったのだ。
普通の道路はあったけど、人しか歩けないような道が見当たらない・・・灯台の横に狭い道があったような気もしたが・・・
よくわからないまま、いつもの地球がまあるく見えるん台だけで帰ってきてしまった。
P10507470.jpg
犬は灯台に入れないから、ここは灯台の少し下の高台。
前はここにお土産屋さんがあって、お店の土地?って感じで、買い物しないと入りづらかったのだが、店は駐車場の方に移転したようで、気軽に入れるようになっていた。
けど・・・遊歩道、どこよ??
だいたい説明文も怪しいけど・・・丘の上の起伏のある道だから、平地を歩くよりも時間がかかると思われるのに、1.5㎞を10分って・・・徒歩の距離換算がおかしいと思うけど・・・10分では、走らないと1.5㎞も移動できない気がする。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

大崩海岸2

車を停められるスペースは海の上。
P10507040.jpg
横に下に行く階段もあったような気がしたけど・・・わざわざ下りようとは思わない。
P10507060.jpg
だって、大崩海岸って自殺の名所というか、自分から飛び込む人だけじゃなくて、急カーブを曲がり切れずに道から海にダイブしてしまった車やバイク多数で、たくさんの人が吸い込まれて行ってる海だから・・・わざわざ下りて行きたくない。
向こう側も斜面が崩れて、何やら建造物の残骸が落ちていた。昔のトンネルが崩れて海に落ちているらしい。
P10507080.jpg
そんな場所でのんきに写真を撮っていていいのか。。。海の上にいるはずだけど、下のコンクリートばかり目立って、海感がいまいちないよーな気がする。
それにしても、こうやって見ると、母は小さい・・・今時の発育のいい小学校高学年の子くらいの背丈しかないのに、車は運転していいんですからね~しかも、30年以上前に免許取ってるから、中型(8t)まで運転してOKってのもどーかと…8tと言っても、積載量ではなく総重量だけど…この車の2倍くらい長いトラックも運転していいらしいよ…そんな技術なんかないけど…免許っていい加減だな…
P10507100.jpg
小さく見えるシロンくん。ま、小型犬ですからね。
今日、ホームセンターをウロウロしていたら、お店の人に声をかけられて、年齢を聞かれて、いろんな種類の中からくれたサンプルが・・・「体重5㎏以下小型犬用」
・・・うちの犬は・・・体重7㎏超えてますけど・・・「ポメラニアン」に見えたから(犬種は聞かれていない)、ポメラニアン用をくれたんでしょうか・・・それとも、5㎏以下に落とせと??
丸めると小さく見えるけど、伸ばすとでっかいんで・・・5㎏以下になってしまうと痩せすぎな気がする。
P10507140.jpg
デカいといっても、犬の中ではやっぱり小さい犬。
ガードレールの前に立ったら、そこにガードレールが存在するのに気付かずに素通しで歩いて行けそうなくらい、下の隙間を余裕でくぐりぬけてしまう体高だ。通り抜けちゃダメです!
P10507160.jpg
なんか怖いものをバックに写真を撮ったような気がするが・・・もーっと後ろにかすかに富士山が写っているような気もするけど・・・写真のピントがどこにもあっていない。
P10507210.jpg
これは、上から2番目の写真の真ん中あたりに崩れ落ちている建造物を目いっぱいズームして撮った写真。
こういうのを撮るのは父ちゃん。母は興味ないんで・・・
旧国鉄の線路が通っていた頃のトンネルが崩れ落ちたらしいが、撤去作業は危険だからそのままずーーっと放置されているのだとか。
で、ズームした写真をパソコンのデカい画面で見て初めて気が付いたのだが、この崩れ落ちた物の横に人が写っていた。
肉眼では遠すぎてまるっきり見えていないし、あんなとこに人がいるなんて思わずに写真を撮っていた父ちゃんだけど、人がいる~
ここはおじさんたちが探検とかに来る場所らしいけど、あんなとこに1人で行って、何かあっていなくなっても、わからないよーな・・・ちゃんと帰って来たでしょうね、この人。
この前、富士山の5合目に行った時には、1人で冬の富士山に入って行った人が見つかっていない・・・って貼り紙がしてあったけど・・・
駐車場にはうちの車しかなかったけど、崖を下りるようなことは危険だから、海沿いに歩いて行ったんだろうな。
心霊スポットとか言われるけど、そういうのは暗くなってからの話だし、これは真昼間、普通の人ですよね。

石廊崎―大崩―本川根町の辺りに断層があって、1974年の伊豆半島沖地震、2009年の駿河湾沖地震の震源ってその辺りで、この断層に沿って、わりと地震が起きているとか。
大崩が崩れる時は、雨で地盤が緩むだけじゃなくて、地震が起こってたのかもしれないねー
2009年の駿河湾沖地震の2日前に本州からはかなり離れたフィリピン海プレートの深さ300㎞くらいのとこでM7.1の地震が発生して、東日本はけっこう揺れたことになっている。深発地震だから、離れたとこが揺れるのよね…その前に静岡で大きめの地震が起こった時にも、その数日前に同じような場所で深発地震が起きていた。南の海(といっても、浜松の沖くらい)の深発地震のあとは要注意だな。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

大崩海岸

達磨山高原のレストハウスから、虹の郷の前を通って、修善寺道路、伊豆縦貫道、東名で静岡に戻って来た。
新東名の方が入口は手前にあるから新東名から入って、清水JCTで東名に入ってもよいのだが、パパは東名まっすぐの方がいいらしい。
P10506630.jpg
で、これは何かというと・・・静岡の家の庭に咲いていた梅の花。
あら?うちに梅なんかあった??花が咲いていない時期に木だけ見ても、何の木なのか気付いてないのだな。
梅の花って、おしべが主張しすぎているのが・・・このぼっさぼさ飛び出しまくっているおしべは好みじゃないわ。
一般的な桜はもっと短く真ん中にまとまってるけど、河津桜は普通の桜よりぼっさぼさ感のあるおしべなのが好みじゃない。梅っぽいよね…河津桜のぼさぼさおしべ。
パパが庭の梅の写真を撮っていて、なんかいっぱいあったから、1枚使っておいた。
2月27日・・・いい天気で暖かそうだけど、まだ冬、2月27日。
P10506650.jpg
のろのろと下道走って帰ります~~(この辺の道は思っているより時間がかかるから、やめとけって言ったんですけどね…思った通り、なかなか御前崎にたどり着かなくて…高速使えば1時間くらいなのに…)
ここは御前崎ではなく、まだ静岡市・・・用宗のもうちょっと西にある大崩海岸。
海の向こうに見えているのは、伊豆半島。
昔は国道150号線だったのだが、もうちょっと内陸に新しいトンネルを掘って150号線がそっちになったから、ここは静岡県道416号静岡焼津線というそうだ。
P10506680.jpg
父ちゃんとシロンが道の真ん中に立っているけど、数年前の台風で焼津側が崩れて、この時も通り抜けできなくなっていたのだ。
写真の右・静岡の方からここまで来れるけど、左・焼津の方からは車は来れないはず・・・(ここにいる間にバイクが1台焼津側から走って来たけど…)
P10506780.jpg
大崩海岸っていう名前の通り、よく崩れる海岸というか、その上の斜面。
通行止めじゃなかったら、ここからぐい~~っと急な斜面を車も上がっていってたのだが…抜けられないといっているのに、わざわざ進もうとは思わないのでどうなっているのかはわからない。
この後、3月31日に通行止めになっている場所を迂回するトンネルが開通したそうだから、今はもう通れるのだろう。
けど、駿河湾沖地震の時も見事に崩れてたし・・・本当によく崩れる場所なので、要注意。
奥に写っているロックシェッド。
これがあったのに、昭和の時代、崖崩れでシェッドもやられて、車も埋まってしまったから、海側に新しい道が飛び出して作られた。新しいといっても、何十年も前の物だけど。
P10506810.jpg
石部海上橋というそうだ。ここから富士山が見えるはずなんですけど・・・
2月のこんなに青空の日なのに、見えないんですよね~~不思議。また、下の方に雲がたまってる??
P10506800.jpg P10506980.jpg
崩れた崖の下に今も車が埋もれたままっていう噂もあったけど・・・実際はどうなのだろう・・・?
手をつけるには危険過ぎて放置されているって話だから…当時のまま中に埋もれているのかもしれない。
P10506830.jpg
北陸の難所、親不知・子不知(富山の糸魚川)、東海道の難所がここ大崩。
と書かれていたけど…東海道って丸子(鞠子)を通って、宇津ノ谷峠を越えて、岡部に・・・ってルートのような・・・峠越えとはべつに海沿いルートもあったんだろうか?
静岡―糸魚川といえば、フォッサマグナ・・・関係あるんでしょうか?断崖の道。
P10506840.jpg
余裕で道の上にいるけど、盛大に山が崩れたら、この程度離れているだけだったら、危険な気もするけど・・・
それより、地震で津波が来ると・・・もっと危険な気が・・・
P10506870.jpg
歩いて前の山に駆け上がるのは無理な気がするから、揺れたら車で来た道を戻るしかない。
揺れで橋がやられたら・・・逃げ場はないですねー
前に地震センターで見た駿河湾の地震では、第1波は数分で来るから、走れない人に構わず、自分で走れる人は必死に走って逃げろって言ってたような記憶がある。
歩けないお年寄りや障害のある人を助けに行く暇はないから、自分で動ける人だけ、さっさと逃げろ!って指導していたように思いますが…近所の高齢者を助けに…なんてのは、犠牲者を増やすだけかもしれないから、やめましょう・・・東北の「津波てんでんこ」と似たようなものかと・・・
P10506920.jpg
老犬を抱っこして逃げると・・・走るスピードが遅くなるんですが・・・足元を走らせたら、他の人の邪魔だし、抱えて運ぶしかないけど・・・
災害の初期避難にカートで移動しようなんて考えないでくださいよ。他の人の邪魔だから!
だから、うちは1人でいる時でも抱えて逃げられる犬1匹しか飼わない。1人でこのサイズを2匹は無理だから。震災経験者だからね…真面目に考えるよ。当時、10階に住んでいて、長い間エレベーターは止まってたから、家に戻るにも毎回、10階まで階段だし・・・
うちはまだ10階だったけど、友達なんか23階に住んでいて、子供を背中にくくりつけて、水の入った容器を手に持って(2ヶ月くらい水が出なかった)、ひたすら階段上ってたんですよ。。。次は食料。。。と数往復。。。母は強し。。。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた