京都御苑

砂利の上を走る犬。
P10507880.jpg
うちは烏丸通側のガレージではなく迎賓館側、寺町通に車をとめて行く。
たんに母が学生時代に通った梨木校舎でこっちの道になじみがあるのと、パパもおばあちゃんちに行ってた時に寺町側の御苑で遊んでたから。それに滋賀から来たら、こっちの方が手前だし…
P10507900.jpg
砂利道はあまり好きじゃないけど・・・
P10507910.jpg
てけてけ~~っと歩いているシロン。
P10507920.jpg
シロンは・・・御所には数回来た程度。
P10507930.jpg
緑のあるとこは常連さんが仕切ってる時もあるから、普通に砂利道歩いて散歩している方が気楽。よそ者はあまり入らない方が…って、母も父ちゃんも京都生まれでしたわ…本籍地も京都。
父ちゃんはおばあちゃんちが堺町御門の真ん前の通りだったから、よく御所でよく遊んでいたっていうし、母は大学が御所の前…講義によっては御所の中を通り抜けて梨木校舎に行っていた。
P10507950.jpg
この辺は全然来ませんでしたけどねーシロンの散歩にはこの辺はちょうどいい。土は嫌いだけど、砂利は問題ない犬。砂利で足つぼマッサージされそうだけど・・・
P10507970.jpg
梅園を通って、ぐる~~っと回って、やって来たのは遠すぎてよく見えないけど、たぶん京都御所・紫宸殿が奥にある建礼門前のどど~~んっとまっすぐな道。
P10508000.jpg
シロンくん、建礼門、紫宸殿にお尻を向けるのは畏れ多いのか??珍しく、嫌がっている。
P10508020.jpg
いつものピシっとした立ち姿じゃありませんね。。。
P10508030.jpg
あら~~~頭下げて、どうしちゃったの?
P10508040.jpg
門までも、けっこう距離がありますけど・・・なんか威圧感あります??
P10508060.jpg
お座りしても、肩が丸まって、なんかいつもと違う犬。
P10508070.jpg
全然シャキッとしていない。
写真は撮ってないけど、反対側、河原にラジコンが落っこちて周囲が燃えたとかで、けっこうな高さまで煙がもくもく上がってたけど、それにビビっていたとは思えない。どうも後ろが気になる様子。
P10508080.jpg
背中丸めて、こんなポーズで・・・いつものシロンじゃない!
建礼門は天皇皇后及び外国元首級のみが通ることのできる最も格式の高い門だそーです。そんなのこの犬にわかるとは思えないけど、ただならぬ空気が感じられるのだろうか??
このお坊ちゃまのご先祖様も高貴なとこで飼われていた系統のような気がするけど…気品ある犬…早食いなんて無縁なお坊ちゃま犬。ずっと食べ物に困らない家で暮らして来た系統なんじゃないかと・・・
スポンサーサイト

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた