浜大津港

南禅寺は終わって・・・翌週、10月29日(土)。
DSCN25400.jpg
やってきたのは浜大津港。ビアンカ停泊中。
ヘンなイタリアンカラーの旗がなくなって、すっきりほんとにビアンカ…白くなっていた。
1990年に登場した琵琶湖最大の船。だけど、人気なくて…今はパーティーとか貸し切り利用専門らしい。
これができてすぐに、パパのお父さんが仕事の関係で頼まれたらしくて、パパと二人で1泊ディナー付きで乗ったんですけど…浜大津からだったか、大津プリンスからだったか…出発した場所は忘れたけど、夜は琵琶湖大橋の近くに停泊。
神戸とかと違って、琵琶湖に泊まっていても、ま~~~っくら。夜景なんかないし、当時は下りて遊びに行く場所もない。
ほんとに闇の中に置いて行かれたような。。。どーしようもないクルーズだった。
DSCN25430.jpg
中でピアノ演奏とかがあったよーな気はしたけど、一晩中何かやっているわけでもないし…ディナータイムはすでに真っ暗だったから、船の窓際に座っても何も見えない。昼間なら琵琶湖の上で食事していていい雰囲気かもしれないけど、夜は闇の世界。
とにかく、暇で暇で仕方のない船で、外はま~~っくらで何も見えない琵琶湖の上に浮かんで一晩・・・こりゃ、二度と乗ることはないな…と思ったのだった。琵琶湖は明るくないと・・・何も見えませんから・・・最近は浜大津周辺だけならちょいとライトアップされていたりするけど。
DSCN25450.jpg
今は結婚式やパーティー利用の船になっているそうだが、できた当初は中で宿泊できたんです~今はできません!
琵琶湖クルーズは・・・夜ではなく明るい時間帯の方がよいと思います。
とくに琵琶湖大橋より北に行ったら、ただの暗闇で夜景とかまるっきり期待できないですから・・・
船内の雰囲気だけ楽しむのなら、夜でもよいでしょうけど。。。景色はまったく見えないですよー
DSCN25600.jpg DSCN25740.jpg
ちかちかと色の種類が少ないイルミネーションより、自然光で細かい色まで見える昼間の景色の方が絶対に綺麗ですし・・・イルミネーション嫌いな母。絶対的な色の数が少なすぎるでしょー赤とか青とかケバケバしいといいますか…
DSCN25680.jpg
ここは・・・シンプル過ぎ・・・
天気が悪いから、舗装された道、琵琶湖の水、空が似たよーな色合いで・・・くすんでる~・・・
でも、それが琵琶湖・・・あまりきれいじゃない気がする湖。
DSCN25730.jpg
甲板がすごく水面に近いよーな気がするこの船は、琵琶湖クルーズのメイン船、ミシガン。
琵琶湖大橋までは行かないで、南湖を1時間程度ぐる~っとして帰って来るだけのよう。
ちなみに・・・ミシガンはペット乗船不可。

ここにも変わったポケモンはいないかな?とやってきたけど、珍しいのはとくになく、この日つかまえたもは、ほぼアメにされたよーな気がする。
今日はワンリキーとイシツブテがたまごから出て来て、イシツブテのアメがあと10個くらい。
イシツブテはバディにすれば1㎞で1個アメがもらえるから、1日あればアメ10個たまるけど、今はラッキー連れ歩いてるから、またたまごから出てくるか、野生で捕まえるのを待ちましょう。
ワンリキーはたまごからしか生まれて来ないから…天保山で1匹捕まえた気がする以外は、たまごしか出会わない。
あいかわらずサワムラーとポリゴンも出会わず。。。いつになるんでしょうね~コンプリート。
あと12㎞ほどでジョギングのメダルが金になる。1000km歩いてってことになるのです~
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた