夢の吊橋の上・続き

はい、だいぶ湖の上に進んできてますねー
P10401390.jpg
ここで落ちたら湖の中。深さは・・・知らない。けど、どこかに深い…と書いてあった。
この下に昔の寸又峡温泉があったそーですから・・・
P10401410.jpg
濁っているように見えるけど、これで無色透明、浮遊物もほとんどない湖なのだとか。
上から見ても、そんな感じはまるっきりわからなかった。きれいな水なのに、透けて見えないんですけどー
安倍川も藁科川も静岡の川は水がきれいだから、こっちは大井川だけど、出どこが南アルプスなんだし、汚れているはずはないと思うが…透明感はない。
硫化銅とか青い色になりそうな物質が…と思ったけど、そんな有害物質では問題だし・・・いまいちよくわかってないけど、きれいだから、この色なんですね・・・ってことで。
ダム湖の水の色の説明
P10401430.jpg
吊橋の上で写真を撮れるのは、まっすぐなこの板の上だけですから・・・
他に誰も人のいない時なら、バランスなんか気にせず、自分さえ落ちなきゃ横木に乗って撮る人もいるかもしれないけど…10人が乗ってる時によけいなことはできない。
P10401500.jpg
吊橋の歩ける部分は狭いですーー下は湖が見えてます~~
でも、もーーっと高くて、錆びてて、別の意味でも怖い吊橋経験があるんで、観光地として整備されているであろうここのは怖くない。
けど・・・横向いて、進行方向じゃなくて湖の向こうの方を撮ったはずだったのに、写真がない。
あれ~~シャッターちゃんと押せてなかったのか??おかしいなあ。ピンボケ写真どころか、風景を写した写真がなかった。
母は手すりを持って歩いてないから、真横向いて、撮ったと思ってたんだけどなー
P10401530.jpg
けっ・・・ボケっと見てただけで、シャッター押すの忘れましたね・・・ママ・・・
写真がないので、そのよーです。まるで兄ちゃんのようだ。。。
この写真が斜め角度で写せているのは、下の板が3枚ある箇所だから。
本来、ここがすれ違いするための場所らしいが、そんなことは知らない者同士が両側から進んでるから、ここで待っていても、前からどんどん人が来る。
ってことで、2枚しか板のないとこですれ違わないといけないので、けっこうたいへん。
1個上の写真にあるラティスの足の部分みたいな三角の支えのあるとこだったらつかめるとこもあるけど、そこじゃなくてほんとに板しかない部分(細いケーブルはあるけど…)でのすれ違いが一番面倒。
通常山歩きをするならリュックだろうけど、すれ違う時って進行方向じゃなくて湖側を向いた方が体の厚みが薄くなるのだが、リュックを背負ってたらその厚みが…薄くない…
抱っこなら、前側に飛び出すんですれ違いの邪魔にはならないけど、背中のリュックは…
いないとは思うけど・・・ベビーカーとか犬のカートとかたたんで持って行こうなんて思わないでください。押して通れる幅はないです…
P10401570_2016091320224417c.jpg
ここはもうだいぶ対岸に近いとこ。あともーちょっとで陸地、下はもう水じゃなかった気がする。
P10401590.jpg
あ、よいしょっと・・・ちょいと余裕かまして下を覗いてみる犬。
ま、これくらいは問題ないですね。。。と、そのまま、パパにくっついて、反対側まで自分で歩いて行った。 
P10401620.jpg
は~い!夢の吊橋、渡りました~~!(ほとんど抱っこされて・・・)
最後の5mくらいだけ自力で歩いてきた犬。あとはーー抱っこ。
P10401640.jpg
山登りじゃなくて、こういう狭いとこ、高いとこってのはだいたい母の抱っこだったから、父ちゃんに抱っこされて渡ったってのが…挑戦だったかもしれない。
後の人たちが全然来ないんで(若い女の子グループだったから、全員のカメラで順番に写真を撮っていたのではないかと。待ってる時にそんな話してたから…)、もう1回戻って湖の上で写真を撮り直してもよかった気もするけど、行列で待っている人たちが渡り終わったから出発~~!してると橋の定員に引っかかっちゃいますから…
そんなの無視して逆戻りしてる人はたくさんいたけど…真面目に戻ることなくここで。この場所は橋の定員関係ないですから~
P10401670.jpg
橋を渡り終わったら・・・304段の急階段で上の道に!
これはまだまだ階段の途中だな。ダムが見えているよーな気がする。
階段を上る時、でかいカメラはしまってたけど、こっちのカメラではちょっとだけ撮ってあった。
なにせ父ちゃんが7㎏のお荷物犬を持ってるから、その他の荷物一式は母が持ってるんで…大荷物で一眼レフでは撮れないのです~

そういえば・・・ポケモンGOのバディ機能が使えるようになった。
好きなポケモンを連れ歩けるってやつ。早速、最初にゲットしたピカチュウを連れて歩くことにした。
♪マサラタウンに さよならバイバイ オレはこいつと 旅に出る(ピカチュウ~)♪ですから・・・
捕まえにくい進化形ポケモン育成ではなく、とりあえずピカチュウ!
ピカチュウなんて役立たない気がするけど・・・やっぱアニメのようにピカチュウを連れ歩くのが・・・ポケモン世代(の親)。
ちなみにうちのピカチュウ、XLサイズで・・・高さ50cmで重さ10.1㎏・・・標準サイズは高さ40cmで重さ6㎏なんですけど・・・
リアル世界でもでかポメだけど、ポケモンGOで連れ歩くのもでかピカチュウ。
連れ歩きたい人は・・・自分のステータス画面の右下、ぼうけんノートとか出てくるとこの下に新しい項目が増えてるんで・・・そこから。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた