夢の吊橋の上

たいした写真もないのに、延々続く寸又峡・夢の吊橋。
P10401180.jpg
なぜ、ここが「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋10選」に選ばれているのかは・・・??なぞ・・・
選考者の母集団はどういう人たちなのだろうか・・・
P10401190.jpg
橋を渡る前に、こんなスペースがあるのでみんなここで写真を撮る。
閑散期じゃないんで、つねに吊橋の上には人がいるから・・・あまり美しい光景とはいえない気がする。
P10401230.jpg
右側の木が邪魔で・・・湖があまり入らない。
P10401240.jpg
父ちゃんの立っている位置から向こう側を撮ればもうちょっと写ったのかもしれないが、なぜか撮っていなかった。
順番待ちでここにいられる時間ってのが限られるからかな。
P10401300.jpg
ちょっと進んだけど、吊橋の手前でまだ順番待ち中~~
P10401310.jpg
だれている犬。
P10401330.jpg
湖の方に明るさを合わせたのか(カメラ任せ)、手前の人物が暗いけど・・・前方確認中の犬も。
なんか、前が危険な雰囲気です!!チェック中ーチェック中ーー
P10401350.jpg
ま…この程度なら…問題ないよーな気がします・・・(ただし、抱っこで…)
P10401360.jpg
男の人だと、前向いて歩くと板幅いっぱいって感じ。
P10401370.jpg
パパは靴のサイズ26.5㎝で、幅がこんな感じ。1尺=303mmよりは若干広そうだけど、ここですれ違いもしないといけないんで…怖がりの人は吊橋に踏み込まない方が無難でしょう。
あまり高く感じなかったけど、これで8mあるのだろうか?
この角度で奥まで写っていれば、きれいな感じがする。吊橋比率が高いと…いまいち。
普通の橋だと欄干が邪魔してしまうけど、木の板とワイヤーの吊橋なら透けてる部分が多くてよいかも。

こっちのカメラなら、うちのEOSでは切れてしまって写らない奥の方もちゃんと写ってるわ。
自然の中では広角レンズなしでAPS-Cサイズの一眼では広範囲が写せないのが辛い。こういうとこでは広角とフルサイズのカメラが欲しいですねー
ま、軽いんでお手軽コンデジでべつに問題ないよーにも思うけど。。。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた