吊橋を渡ったフリ…の犬

夢の吊橋渡ってま~~す!
IMG_96630.jpg
途中に板が1枚多い、少しだけ広い場所があったから、いちおう立ってみた犬。
しかし・・・写真が・・・とにかく写りが悪い。
この時はいちいち自分で撮っていたら面倒だと思って、ピントも何もかもカメラ任せにしたのだが、ほとんどピンボケで写っていなかった。
IMG_96670.jpg
小さく縮めているからまだ見れるけど、元のデカいサイズではぼっけぼけ写真ばかりが並んでいた。
普段どこにピント持っていくかは自分で決めているのだが、揺れる橋の上ではそんな悠長なことしていられないと思って、カメラが勝手に合わせてくれるはず…ってモードにしておいたら、とんでもないぼっけぼけ。
セットのSTMレンズじゃなくて、違うレンズつけてるから、設定があってないんだろうか?なんか勝手にピント合わせてくれてないんですけどーびっくり。
母はたいして揺れてる感じはしていなかったけど、パパはすごい揺れてた!っていうから、単に下が揺れるからブレてるだけか??
IMG_96740.jpg
パパはしっかり手すりをつかむ。シロンを落とすなよーーーなぜかやけに内股・・・
母はすれ違う必要がある時以外は手すりは使っていない。普通に板の上を何もつかまずに歩いてた。
下に水が写り込んでいないのは、もうここはかなり対岸寄りだから。
思ってたより、すごーく低い吊橋でした。。。
IMG_96860.jpg IMG_96950_201609072217184b7.jpg
ここなら落ちても湖の中じゃない位置だった気がする。
だから、パパがシロンをおろして、歩き始めた。
ここから先もすべての写真がぼっけぼけでまるっきり写っていなかったのだが・・・
飼い主に連れられて、板の上を歩いてくるこの光景だけを見たら、まるで吊橋を歩いてきたかのよう。
IMG_96960.jpg IMG_96970_2016090722172194e.jpg
前から来た男性に、吊橋を頑張って渡って来た小さい犬!と勘違いされたので、いや~~ここをちょっと歩いただけです!と正直に言っておいた。メインのとこはちょっと立っただけで、全然歩いてません~~
前に同じくらい狭い吊橋の上を歩いたことはあるから、歩かせたら歩くとは思うけど、次々前から人が来るんで抱っこで。

こうやって振り返ってみると、けっこう長くも見える。が、いうほど長い吊橋だとは思わなかった。
安倍川にかかってた恐怖の吊り橋は高くて、長くて…渡った先に何があるかもわからないから、途中で引き返したけど、ここはそれに比べたら、低いし、短い。
このかわった色の水の上にかかっている・・・ってのが、ウリ?どのへんがよいのかよくわからなかった。
小さい方のカメラで橋の上からの風景を撮ったよーな気がするが…まだ見ていない。
IMG_96980.jpg
あら・・・こっちはどこかに11人まで渡っていいと書いてあったよーに思ってたけど・・・11人以上は危険と書いてある。
ってことは、11人はダメってことか。やっぱこっち側から渡る人も合わせて、10人まで?
でもさ、この狭い板しかないのに、前に進まずにここを戻ろうって思う人って、ちょーーっとどうかって気もするけど。
3枚板があるとこでだけすれ違うわけではなく、2枚しかない狭いとこでも平気で逆から進んでくる。
しょーがないから、細い棒みたいなとこに足を乗せてよけてあげたけど、それができない人同士だったら、どうやってすれ違うんだろうか??
大人一人が立ったらそれで板幅いっぱいで、ゆとりなんかない板なんですけど。
写真が少ないのは、あちこちですれ違うために板の上でよける必要があったから。前から来る人がいない時に当たっていれば、もうちょっとゆっくりできたかもしれないけど…運悪く続々と戻ってくる人たちがいる時に当たっちゃったのだ。
吊橋を斜めの角度から写せるとこがないってのも、残念な感じ。渡ってから右にも左にも行けない。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた