山を越えて寸又峡へ

はい、海から一転、山の中~
といっても、次の日ですけど・・・海から直接山に移動してきたわけではない。
IMG_95890_201609052150250b7.jpg
静岡から山越えルートで川根本町の寸又峡を目指している途中。
IMG_95900_2016090521502798c.jpg
国道なのにすれ違い不可…な狭い狭い山道を抜けてやって来た山の中。まだここは途中、静岡市内から川根本町に入った辺り。
静岡市の山の中より川根本町に入ってしまった方が道は広くなる。静岡では千頭に向かうこの道よりも、もうちょっと北、ずいぶん離れているけど市内の井川地区に行く道の方が重要ルートなんでしょう。昔は静岡市内からの井川まで路線バスも走っていたけど、今は自主運行バスしかないらしい。しかも、途中乗り換えで静岡駅まで片道4時間…?
よく土砂崩れで通行止めになってるし…同じ市内を移動するのも大仕事だ。静岡駅から新幹線に乗ったら、4時間で山口県くらいまで行けます…
ん?でも、子供の頃、学校行事で井川少年自然の家に泊まりに行ったりしたけど、そこまで時間かかってなかったよーな気が…バスは途中の停車箇所が多いんでしょーか。
IMG_96030.jpg
ガニ股犬~~
周囲の様子がいまいちわからないけど、山の中です・・・山の中ーー
出発する直前に気付いたのだが、ここ、ポケストップだった。周りに民家なんかない場所のよーな気がするけど…
IMG_96060_20160905215030153.jpg
熊出没注意らしいが、道の横の見渡せるここには出て来ない気がする。
けど、下に見えてる家というか小屋というか、窓ガラスとかもなくて、中に何かが潜んでいても不思議じゃない感じに壊れているような…
と思ったら、この直後に建物のとこから車が出てきた。あれま・・・廃屋じゃなかったのか・・・??
IMG_96080.jpg
山と山の間で、遠くまで見渡せる場所ではない。
IMG_96130.jpg
下が見えるけど、熊の走る速度は時速60㎞らしいから、あっという間に駆け上がってくるのかも。
人間なんか鈍足ですから・・・車から離れたとこには行けませんよ。
北海道じゃないから、こっちにはヒグマがいないから、まだマシか。けど、ヒグマは木登りできないけど、ツキノワグマは木に登れるから逃げにくい…って話も。
小学生の時に見た映画の「グリズリー」のクマが怖くてねー 
IMG_96150_20160905215151e2b.jpg
向かって左側に木が生い茂っているように見えるけど、こっち側は道路だから、熊が隠れていて飛び出してくる雰囲気ではない。
IMG_96160.jpg
だから、こっちに背中向けてても危険じゃないと思うんですーそこそこ車が通りますから・・・
IMG_96180_201609052151547c7.jpg
きょどっているシロン。
この犬・・・用がなければ吠えないから・・・事前に音を出す効果はないな。
実家にいる時も、お隣のおばちゃんに妹のとこが来たら犬がうるさいけど、うちが来てても静かね~と言われる。
不審者が家に来なけりゃ吠えませんから…家に人が来なければ吠える理由がない。車の音とかで騒ぐ犬じゃない。
しかも、家に人が来ても来た人に吠えるんじゃなくて、奥にいる人のとこに知らせに行くから、来た人に吠えかかるわけじゃないから…ベルドッグってのはそういうもんでしょう。番犬とは違います~
寸又峡までの話    
IMG_96210_20160905215222922.jpg
無料駐車場から歩いてやってきました・・・大間ダムにかかる夢の吊橋。
ずーいぶん下の方に見えてる、いまいち高さを感じない吊橋。
もっと怖い吊橋を渡ったことがあるんで、パッと見た感じはいまいちね・・・
今いる高さに吊橋がかかってたら、お~~!って思うけど、あの高さじゃ。。。なんて、スリルを求めちゃダメか。
IMG_96320_2016090521530486d.jpg
反対側の展望台からはろくに見えなかったから、一番手前のこのあたりから見るのが、マシかも。
たとえここまでで引き返しても、ダム湖の写真を撮って、手前にあるデカい駐車場の中にある観光案内所に行くと、ダム、吊橋、ダム湖がまるっと全部写っている大間ダムのダムカードをもらえる権利をゲットできる。もらったカードの写真を見ると、尾崎坂展望台よりももっとはるか上から見下ろすと全景が見えるようだ。見たい人はもっともっと上まで登れってことか…
でも、上に行く道は封鎖されてたんですよねー今回。土砂崩れで道が塞がれちゃってるのかも…
吊橋のあるとこは大間ダムであって、寸又峡ではないらしい。そりゃ水がいっぱいたまってたら、峡谷はなくなっちゃってるんだものね。

ちなみに、寸又峡の夢の吊橋は「死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋10選」に選ばれているのだそーです。
あらま・・・どのへんがよいのか、さっぱりわからなかったけど・・・紅葉の季節とかだったら、もっと感動的だったのか?
吊橋自体はいまいちおもしろみに欠けましたけど・・・安倍川の上流にあった名もない吊橋の方がよっぽど怖かった…
大間ダムの湖の色が特徴的なんだろうけど、吊橋の怖さ度数だったら、名もない吊橋の方が格段に上~~!景観はよくないけどさ…吊橋としての面白さは名もない橋の方が上だわ。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた