なぜ、そこ??

はい、神社から出て、駐車場に戻りますよ~~
P10309020.jpg
やっぱり風は強いけど、シロンとパパの後ろに写っている飛び出した辺りの突風に比べたら、すごくマシ。
あっちは台風並みだったけど、こっちはそこまでひどくない。
P10309050.jpg
ふん!こんな風、どーってことないですから!自分の足で歩きますよ!!
顔が若干変わってるよーなきもしますけど。。。もさもさの顔周りの毛が後ろにいって、ちょいとすっきり…なうえに、耳が毛で隠れて目立たない。
けど・・・顔の形と目の位置が違うから、毛が少なくなってもチワワにはならない。
それにしても、もう2年半もカットしていないというのに、この犬の足の毛の前側はまるっきり長くならない。後ろ側はほわ~っと流れるように伸びている毛があるけど(そ、この毛がポメとしては重要)、前から見える方の毛はほっといても全然長くならない。
この形はハサミを入れなくても、勝手にこういう形になってるのです!もふもふの体から伸びる、棒のような足。
耳の毛も季節が変わると、後ろ側の毛がズボっと抜けて新しい毛と生え変わって、△耳はハサミを使って切り揃えなくても、勝手に三角になる。多少飛び出している毛があっても、待ってりゃ勝手に生え変わるんで…人間さんが手を出さなくても、勝手に抜けて形は崩れない。
そりゃそーですよね…野生のキツネやオオカミの毛が伸びたからって誰も切ってくれないけど、だいたいイメージするキツネやオオカミってのは同じ姿かたちで、毛が伸びて伸びて原型がわからない姿になってしまう羊さんたちとは違いますからね。原始的な犬グループのポメは、そりゃ勝手に生え変わるでしょうー
P10309060.jpg
自分で歩いていたのに、急に抱きかかえられて連れていかれた犬。
P10309090.jpg
ちょっとーーーそこのおじさん、うちの子を勝手に連れて行かないでください!
P10309100.jpg
しかも、抱っこじゃなくて下におろしたよ。
P10309110.jpg
行く時に通った時よりはマシな気がするけど、それでも小型犬にはつらい風でしょう。そんなとこにおろすな!
P10309120.jpg
狭いといっても1mは幅があるし、風上には父ちゃんが立って防御しつつ戻ってきてちょーだい。
と思ったのに、何やら怪しげな行動に出るおっさん。リードを伸ばしてますね。
P10309130.jpg
あ、こら!!そこにシロンを置き去りにするな~~~ 
おっさんが防壁になってなきゃダメでしょー
P10309132.jpg
遠くて母のとこからは見えてなかったけど、上の写真に写ったシロンを切り出してみましょう。横から風に押されてる??
こんな顔して、踏ん張っていた。デカく見えるけど、中身はけっこう貧弱ですから・・・
こいつの毛皮の重量はどのくらいあるんでしょうねームートンなんかだと、最上級の毛の密度の高い物は下の皮の部分も分厚くて重量があるんですって。大量の毛を支える皮膚も丈夫じゃないとダメなんだと。そういうとこでも重みに違いが出るわけね…人間が身に着ける毛皮は重かったら困るけど、敷物は重くても困らないし…あ、でも、その毛を生やしていた羊さんは自分の毛が重いんだろうか??
P10309150.jpg
あーど~も、ど~も~~、パパに置いて行かれるとこでしたよ、ほんとにまったく。。。
P10309160.jpg
風のない穏やか~~な日ならともかく、こんな風の強い日に、吹きっさらしの海の上の放置なんかしないでください!
だいたい、このおっさんは1人で行動させるとろくでもないことするから、毎度毎度見張りについていないといけないんですよ。
ずいぶん昔、さやがまだ2歳くらいの頃、子供2人(人間)連れてドライブに出て行ったと思ったら、全く知らない山に勝手に入っていた。
その日のさやは半袖半ズボンの足丸出しスタイルで山歩きには不向き。それ以前に高いとこが全然ダメな子だというのに、なんで山の中?
案の定、歩かなくなったし連れて戻るのが面倒だし、都合よく車を止めた場所とつながっている道に出たから…ってことで、子供2人をそこに残して、自分だけ車を取りに山道を戻ったんだってさ~2歳の子を7歳の兄にまかせて、山の中に置き去りにするってありえないでしょー(よく考えたら、兄ちゃんは10月生まれだから、5つ違いだけど、さやが2歳なら兄ちゃんはその時期、まだ6歳だ。)
2歳の子なんか、目を離したらどっか行っちゃう子もいるだろーに。。。虫捕りに行ったらしいから、兄ちゃんだって変わった虫を見つけて、山の中に勝手に入ってしまって道がわからなくなるかもしれないってのに、なんでそこに待たせる?子供はおとなしく待ってるとは限らないぞ。。。小心者のシロンも山の中に置いていかれたら、いくら「待て!」って言われてても、たぶん待ってないよーな気がする。。。よく待ってたな、兄ちゃんとさや。
しかも、その山、クマが出るから鈴を鳴らして歩けっていう注意看板が立ってたんですよ。(あとからもう1回同じとこに母も行った。)
3人で行った時もあったそーです、その看板。ほんとに鈴を鳴らして歩いている人が何人もいたし…
熊出没注意な山に小学1年生と2歳を置き去りにするって、普通の感覚じゃないんですけどーー普段、子供の世話していないと、どの程度のことができるかどうかの判断が確実じゃない気がする。
うちの子たちは言われた場所で待ってたけど、それでも熊とまではいわなくても、蛇とかハチとか予期せぬ生物の襲撃があるかもしれないような場所に子供だけで放置ってありえないわ。基礎知識もないのに山に入らないでおくれ!
P10309170.jpg
シロンもちゃんと連れて帰ってきてちょーだい!
どうせ全体を撮ったら小さい小さい写真になるんだから、そんな危険なことしてくれなくて結構です!!
P10309172.jpg
ちなみに、これは上の写真のパパとシロンのとこだけ切り出したもの。
P10309210.jpg
そこの出っ張ってるとこを1人で歩かせたかったらしいけど、風の強い日はやめときましょーよ。
突堤の奥の方は上が濡れてないから波はかかってないけど、手前のとこは波をかぶって濡れてましたからね…ざぶんっと連れていかれちゃったら、あ~あ~~観光客が・・・ってことに。。。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた