対岸へ

IMG_60460.jpg IMG_60500_201604122113476d1.jpg
川が流れていますーー 入りませんよ。
IMG_60550_201604122114392b1.jpg
と、橋の方に戻って来た。後ろに横にで~んと枝を伸ばした桜の木があったけど、残念ながらまだまだ花が咲いていなかった。
京都のおじいちゃんが言ってたけど、横の木との間がある桜の方が枝ぶりが立派だと。
京都市内の桜の木の多くが横の桜との距離が近過ぎて枝が当たってしまって伸びる場所がないから縦にひょろ~っとしている。けど、田舎の方に行くともともと隣の木と間を空けて植えたのか、弱っちいヤツを間引いたのか、ゆとりのスペースに植えられていて横に広く枝を広げた木が多いから見栄えがいいんだと。古都京都の桜はせせこましい植えられ方をしているのがよろしくないと京都のおじいちゃんが言っていた。
IMG_60600_20160412211440333.jpg
こっち側の桜の木は狭いとこにぐしゃ~っと植えられていますよ。あれはよくない例ですね・・・1本おきにした方がいいくらいかもしれません。
IMG_60610_201604122114428a9.jpg
けど、たんに木陰を作りたい…っていうなら、密集していた方がいいのかも。。。
いや・・・毛虫を呼び込む桜の木なんかで木陰を作っても危険、危険。涼をとるのが目的なら、他の木の方がいいはず。
外国とかで植樹して、あとで迷惑がられるって話も聞くし…春の一瞬だけで、あとは取り得のない木のよーな・・・
IMG_60630.jpg
僕は1年中見栄えよく楽しめますよ!
いや~~~もうだんだん暑苦しくなってきましたけど・・・
もう少しすると、見ているだけで暑そうだ!って言われるようになるんですけど・・・もっさもさの毛。
勝手に抜けて夏仕様にかわるといっても、見るからに暑苦しい生えっぷりですから。
そういえば、今日は久しぶりのエコーを受けて来たのだが、とくにALPが上がる原因となるような異常は見つからず…そのまま…
クッシング症候群だと副腎に異変が見られるはず…だが、ごく普通、問題なし。
といっても、5mm程度の小さい小さい臓器だから、拡大して見てもいまいちわからない気が…エコー検査の時はその場で一緒に画像を見てるけど、白黒のもにょもにょしたのを見ても…素人に正常かどうかはわからない。
病院での写真を撮る気はまったくないし、病院で写真を撮っている人を今まで一度も見たことはないのだが、ブログでは診察風景や病院に行った様子をごく普通のようにのせている人が多いのが不思議だ。自分が病院に行った時に写真撮影とかしないと思うのだが…犬の診療風景とか撮りたがるのが理解不能だ。
ご近所さんよりブログ仲間って人たちは…そういうのがあるんですよね。普段の生活では自分と同じ意見の人がいなくて浮いていても、ネットで同じ意見の人だけがまとまって安心、絶対に攻撃されないのが嬉しい…って現実逃避ー。

数値の変化は老化現象ってことにしておこう。。。年とりゃいろいろ劣化してくるから、無理矢理戻そうとせずそれなりに・・・
IMG_60680_20160412211445171.jpg
とぼとぼ。。。いまいち勢いのない歩き。
橋といっても、とくに揺れるわけでもないけど、なんかこの橋の上はのんびり歩く犬。
エコーをうけるのに、お腹を丸刈りにされるのかと思ったら、前に塗ってたジェルではなく、アルコールスプレーみたいなのをぶしゅぶしゅかけて濡らして、それだけでOK。毛刈りしなくても大丈夫だって。
毛を剃るとカミソリ負けするのか、あとからお腹が赤くなってかゆがるから、刈らなくていいならその方がありがたい。
IMG_60690.jpg
橋は勢いよく走って揺れたら他の人に迷惑ですからね~考えているんですよ… ほんとか?誰もいないしー
IMG_60710_2016041221160889f.jpg
川の真ん中へんと違って、端っこの方は流れが緩やかで底がよく見える。
。。。浅いけど。。。吸い込まれそう~~
IMG_60720_20160412211609528.jpg
でっかい魚とかカメとか出てきて、僕を丸のみにしませんか~??
日本の淡水でそんなのはいないと思うけど。。。
あ、でも、悪い人が放したワニガメが南郷洗堰近くの瀬田川で釣りあげられたことがあるから、いないとも限らないよ。そのワニガメは90cmもあったそーですから・・・それ以前にも琵琶湖で5匹捕獲されているそーで、そのでっかいワニガメは6匹目なんだと。
琵琶湖にいらなくなった魚とかを捨てていく人がいるから・・・琵琶湖とそこから流れ出る唯一の川、瀬田川には外来種が多そうだ。
ここは琵琶湖から流れて出てはいないけど…瀬田川に流れ込んでいる方の川。ワニガメが見つかった洗堰に近いっていえば近いから、流れに逆らって上流に向かってくることがあるなら、入り込んで来る可能性もあるかもしれない。っていうか、いったん岸に上がって歩いてきたら、普通に来れる。けど、ワニガメは基本水の中で暮らしていて陸には産卵の時にしか出てこないそうなんで、でくわすことはないか。
でも、近所の田んぼでそういうカメがいた!って子供たちが騒いでいたことがあった。
特殊なカメじゃなくても、普通にそのへんの用水路にいるカメも意外にワイルドで、さすがに生きている犬は襲わないけど、死んだ鳥はガツガツと群がって食べ尽くす。
日本に昔からいるカメじゃなくて、お祭りとかで買ったカメたちが育って、手に負えなくなって、川に放たれて、異常に増えちゃったヤツね。5cmくらいのかわいいサイズのヤツが何年かすると30cmくらいになるミシシッピアカミミガメ。あいつらは、普段はぷかぷか浮いてるだけのように見えて、鳥をすごい勢いで食べますから…。用水路でピラニア発見!とかもあったし、なんか肉食のいろんなのがいるのかも・・・
IMG_60730.jpg
危険な気がする・・・逃げろーー
IMG_60740_2016041221161221d.jpg
急に上がってくるから、近過ぎで、ボケた。
IMG_60760_20160412211655417.jpg
橋の向こうに見えていた1本のでっかい桜は花の付きがよくなかったから、反対側に進むと低い位置に枝を伸ばしている桜が並んでいたから、恒例のリフト。
IMG_60790.jpg
そして、やっぱり傾いている。
IMG_60810_20160412211348ab4.jpg IMG_60840.jpg
母はシロンの下に入り込んでしまうから、シロンの体がまっすぐなのだが、パパは腕を伸ばして自分の体が写らないようにするから、こんな格好に・・・
腕が写っても、安定感ある方がいいんですが・・・ワンコが疲れたようではあはあしていた。宙に浮くのはイヤです~~
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた