廃墟の前で

日の岬パークは営業していないけど、通路は歩けるみたいなんで、ウ~ロウロ。。。
IMG_15380_20160120214213ec6.jpg IMG_15420_20160120214214b55.jpg
開いてないけどカナダ資料館(アメリカ村)って建物があった。なんで、こんな南国っぽいとこにカナダ?
だれもいないから現地で理由を聞くことはできないんで、ネットで調べてみた。
明治時代、日の岬のある場所の村は貧しかったけど、カナダに移住した人が向こうで稼いだお金を故郷に送金したおかげで、村が豊かになったんだとか。
カナダに永住しないで帰って来た人が、カナダ風の建物を建てたりしてあちらのスタイルで生活したから、この辺りはアメリカ村といわれるようになったそうだ。
カナダなのにアメリカってのが…いかにも昔の感覚っぽいな。けど、カナダがイギリスから独立したのが1867年だから、明治だったらまだカナダになりたてってとこか?
IMG_15450.jpg IMG_15460.jpg
一番上の右側のシロンの口の開き具合が通常モード。
こっちの写真になると、舌出過ぎ。歩いて階段や坂を下って、元に戻ってきて、今度は上にやってきたから、暑いんでしょうか?今日は雪が降って真っ白だったけど、写真はまだ10月の和歌山ですから…
そういえば、うちのひいばあちゃん(おじいちゃんのお母さん)、和歌山の農村(窓を開けたら牛さんが目の前にいた…なとこ)に住んでいて、明治生まれだというのに英語を話せた。当然のようにおじいちゃんも…ま、こっちは海軍だから話せて当たり前だが、明治生まれのひいばあちゃんが英語を話せるってのが不思議だった。周りに話せる人(ネイティブスピーカー)がいたから、和歌山から外に出てないけど覚えた!って聞いた気がする。明治の頃、和歌山からアメリカに渡って戻って来た人や外国の人がけっこういたんでしょうか??
IMG_15510_20160120214555cea.jpg
アドベンチャーワールドにあやかったパンダさん?
パンダかどうかは怪しい気もするけど、たぶんパンダであろう石のベンチ。
廃墟になっても下が舗装されていたら、きれいで歩くことはできるけど、木は…勝手に生え放題なんで、視界はいまいち。
IMG_15570.jpg
石はジリジリ焼けてなかったら、お腹をつけるとひんやり気持ちいいですよ~~~
IMG_15580.jpg
昔は外で寝そべることはしなかったけど、おっさんはこういう石とかきれいなとこの上なら、のほほ~んと寝そべるようになった。土の上では絶対にそんなことはしないけど~
IMG_15610_20160120214600824.jpg
クールダウンしたのか、すくっと立ち上がって、反対側に歩いて行って、周囲を眺める。
シロンの背の高さじゃ、前の木に隠れて海側は見えませんから…向こう側の海を見ましょう~って感じ?
IMG_15630.jpg IMG_15660.jpg
そして、また反対側に戻って行った。
こっち向けなら、木の隙間から何か見えるのかな??
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた