曽爾高原

海に行きたいなーと言ってたのに、なぜか着いたのは山の中だった。
RIMG21780.jpg
奈良県の曽爾村。といっても、家からは新名神で甲南まで行って南下。
三重県の伊賀、名張を経由して来たから、奈良って気がしないんだけど…奈良の端っこです!
ま、大阪からでもそれほど遠くはないと思うけど、名阪国道があるといっても、高速が通ってないから…
名張側からは山道、それも崩落通行止めを迂回する道を通ってやっとたどり着いた。
RIMG21920.jpg 
小さい子も登ってはいたけど、けっこう急なとこもある。
この階段辺りからは、あきらめて引き返していく人が出てくる感じ。
階段の幅があわなかったりするんで、シロンは自力で登ったり、パパに抱っこだったり・・・7kgの重り付きで登る父ちゃん。
階段を登りきったところにあるのが亀山峠っていうらしいが、反対側の眺望はほとんどない。810m地点…
曽爾高原入口が720mなんで、高さにしたら100mも登ってませんけど…直線で上がるわけではないから、ぐるーっと距離は歩いている。
RIMG21950.jpg
ちなみに曽爾高原ってのは、下の平らなとこで、登って行くのは倶留尊山(くろそやま)、亀山っていう山のようだ。
RIMG22010.jpg
向こうに見えているのが1038mの倶留尊山。
あっち側は下がゴツゴツしていて、見るからにたいへんそう。軟弱犬を連れて登っていけるような雰囲気ではなかったし、駐車場がある方角とはまるっきり反対なんで、元に戻る方にある亀山を目指す。亀山は倶留尊山と比べるとずいぶん低くて、標高849m。峠との標高差は39m~
RIMG22060.jpg
普通の人は下に見えてる平らなとこまでしか行かないと思うんですけど・・・なぜか、はるか上から見下ろしている犬。
で、ここまではごく普通の階段だったんですけどね・・・
先がどうなっているかわからないから、すごく急な坂道が見えてるから行けるんだろうか??と言ってたら、あとから来た若い男性が駐車場のところまで戻れますよ!っていうんで、先に進むことにした。
RIMG22130.jpg
ほんとに、大丈夫ですか??
このへんは先が見えないからさーーーどうなってるのか、さっぱりわからないのよ。
簡単な地図は下でもらってきたけど、山の上の道はまるっきりわからないから…でも、木が生い茂って見えない山じゃないし…何とかなるかな… ヘッドライトと非常食は持ってるんですよ、いちおう。
と、先に進んだら、いきなり岩じゃん。たいしたことはないけど、ちび犬がぴょんぴょん登り下りするようなとこでもない。
転げ落ちたら他の人に迷惑だから登らせなかったけど、家で障害物をぴょんぴょんと乗り越えて出窓まで登って行くヤツだから、その気になればできたような気もする。
こういうとこが初めてでもないけど、父ちゃんももう若くないし、重り付きで大丈夫かい?
大丈夫!ってことで、突き進んで行った。落ちるなよ~
一眼レフで撮ってた方に写真があったよーな気もするけど、コンデジの写真しか取り込んでないんで・・・
母はカメラをぶら下げて、父ちゃんはシロンを連れて、越えて来たけど…後ろから人が来ないんですけど…みんな引き返しちゃった??と思ったら、さっきの若者たちともう1組そこを乗り越えてやってきた。あとの人は戻ったのかしら?
RIMG22190.jpg
日本で最も美しい村連合に加盟しているそうです。逆光で見えにくいけど。
RIMG22210.jpg
下に見えているのが曽爾高原。高原に行くだけなら、簡単ですけど。。。山はちょっとだけハード。
前を歩いていた若いカップルは、早々にあきらめて引き返して行ったわ。怖すぎだそーです。っていうか足腰弱いみたいで、ふらふら全然安定感なかったからね、ありゃ無理だわ。
RIMG22260.jpg
僕は斜めでも安定感ありますよーーー
ほんとはペット禁止の伊吹山(1377m)も登ってますからね…この犬。なだらかな遊歩道の方から入っていたら「ペット禁止」って書いてあったけど、そっちじゃなくて真ん中の急斜面を上がる道を選んだら、そこにはそんな注意書きはなくて…知らなかった…
遊歩道をはずれなければ、決められた道ならいちおう歩いてもよかったようで、注意書きのあった遊歩道側からでもペットが上がって来てましたけどね…伊吹山。
RIMG22380.jpg
ここは亀山っていうそうです! 三重県の亀山市とはちょいと離れていますが…
亀山のてっぺんからは反対側も見えた。ここまで来た方がいい眺めだな。(コンデジでは写真を撮っていなかったようで、ないけど…一眼で撮った方は広範囲が写らない…)
山登りって上がっている時は山肌を見ているからたいして高さがわからないけど、下りる時は下がもろに見下ろせてしまうとこもあるから、危険、危険。
亀山から降りるのは階段があるけど、下の方がずーーーっと先まで見えてしまうんですよ。
そうしたら、シロンが「きゅ~~きゅう~~~」と、子犬のような声で鳴いて怖がっていた。
自信家シロンが珍しい。よほど怖かったのか・・・そりゃまあ、けっこうな高さだけど。。。
RIMG22480.jpg
しばらく父ちゃん抱っこだったけど、途中からは自力下山。
前に見えている山(静岡の人の感覚だと丘ですけどね、こういう高さ)の上をずいーっと歩いて、右側の山のてっぺんから高原に戻って来た。
でも、下が粘土みたいなドロドロネバネバのとこもあったりして、そういうとこはまた抱っこ。伊吹山は標高はここよりも500mくらい高くても自力で歩けたけど、ここは汚いのが…
RIMG21470.jpg
ちなみに、ほんとは青蓮寺湖と香落渓ってとこを目指してたんですけど・・・
青蓮寺湖の周りがあちこち落石通行止め。(カーナビのVICS情報で地図上に×マークだらけ!)
雰囲気のよさそうな公園もあったりするのだが、たぶん土が崩れやすい状態なんでしょうね…あちこち「立入禁止」で封鎖されて、駐車場にも入れず、川に下りる道もロープでふさいであって、危険地帯になっていたのだ。
RIMG21660.jpg
迂回路ってのを通ったら、香落渓ってとこには来れたみたいだけど、とりあえず地盤がよくないみたいなんで素通りして、急遽、曽爾高原に行くことにしたのだった。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた