甲楽城(かぶらぎ)

敦賀から海岸線を北上して越前海岸を目指す途中。
海のすぐ横を走ってはいるけど、路肩もない1本道だから、停車できる場所は限られている。
RIMG13770.jpg
こんな感じですね・・・たとえきれいな場所があったとしても、勝手に車を停車するわけにはいかない。駐車スペースのある場所までひたすら突き進むのみ!
盛んに落石注意の看板もあるし・・・危険な道。バイクの人なんか、体がガードレールの上に出てるんだから、怖いでしょうねー
天気が悪くて兄ちゃんは佐渡でバイクを借りても、北側の海側に行くことはできなかったけど、天気がよかったら、もしかしてこんなとこを走ることになったんでしょうか…?天気が悪くてよかったかもね。
RIMG13830.jpg
駐車スペースがあったから、ちょいと車をとめて、海沿いをうろうろ。
といっても、テトラポットに波がぶち当たるようなとこで、下には行けない。
たぶん甲楽城漁港の横の辺り。漁港の奥には海水浴場があったようだ。
RIMG13880.jpg
防潮堤の上に立っても怖がらない犬。座り姿もさまになってるじゃん。まだまだ元気な10歳半。
今日も飛び跳ねていた。なんか力があり余っているんですけど…このおっさん。
RIMG13810.jpg
もう少し北の方は雲がないのが、こっち側から見てわかるんだけど、この辺りは雲だらけ。
敦賀半島とこっち側の陸地に囲まれた辺りはもーーっと雲、雲、雲。
ちなみに敦賀半島には、敦賀原発、美浜原発、新型転換炉・ふげんと高速増殖炉・もんじゅがありますー
ふげんは「廃止措置」中だけど、使用済燃料を再処理して得られるプルトニウムを本格的に利用する世界最初の炉だったとか。
もんじゅは・・・これがあると・・・日本も核兵器が作れるって装置(?)ですよね。。。この中で純度の高いプルトニウムを・・・

北陸のハワイって言われる「水島」もこの湾の中というか、敦賀の冲にあるけど、原発銀座の中で海水浴ってのは、見た目がキレイでも、やっぱ問題ありそうな気がする。敦賀原発の目の前ですよ…今は稼働していないけど、原発が動いていると、海に放出する冷却水の温度が高いから、周囲の海の温度が高くなるっていう話だし…なんか、怪しい。

兄ちゃんの旅。白山島への橋を渡ったら、階段で山に登る。
RIMG03390.jpg RIMG03410.jpg
最高点の標高は約70mらしいので、山としては低いけど、海辺の岩に登ってると思ったら、けっこう高い気が…
これは同じようなポイントで、上を見上げた写真と、見下ろした写真。
RIMG03420.jpg
これがてっぺんだが・・・木が生い茂って、下の海や景色はほとんど見えていない。
どの方向を見ても、こんな感じで眺望はない!ただ登っただけ~~~
あまり人も来ないようで、階段に葉っぱが積もっていて、超怖かったそうだ。
兄ちゃんがこの階段を登ろうとした時に、下りてきた若者集団(10人ほど)がいて、その中の女の人が声を出して、超怖がっていたそうだ。そして登った兄ちゃん…確かに怖かったとか…男なんで騒がないそーですが…
RIMG03460.jpg
階段を下りて、今度は周囲を回る。
RIMG03330.jpg
陸から見えている島の裏側へ~~~
RIMG03560.jpg
手前は木がぼうぼうだったのに、裏側は岩肌ーー上までこんな感じ・・・
こんな感じだけど・・・上の方の写真が撮ってなかったよ。。。海ばっか見てたな…
RIMG03570.jpg
こっちは新しい道だから、老朽化してない道の上から写した海。
RIMG03590.jpg
おっきな岩伝いに海の上にかかっている鉄の橋ー
RIMG03620.jpg
何かわからないが、看板があったから撮っておいたそうだ。
蜂子皇子は父・崇峻天皇が蘇我馬子に暗殺されたので、丹後国・由良から船で日本海を北上して逃げた。で、たどり着いたのがここ由良海岸の八乙女浦。
関西に住んでる人間は「由良」といったら由良川。日本海に流れ出た辺りに「丹後由良」って地域がある。
京都と山形はずいぶん離れているけど、関連する地名っぽいですねー
RIMG03640.jpg
旧道があるけど、そこは立入禁止!だそーです。
右上の急な階段が使っていい方で、真ん中の下の道は通っちゃダメ!
RIMG03650.jpg
兄ちゃんがてっぺんまで登ったのは、右側に写っている岩で、階段がついてるこっちの岩とは別もの。
地図では1つの島になってるけど、波で浸食されて、岩が分離している。それを新しい橋でつないであるらしい。
ってことはですよ・・・その橋が乗ってる岩も削られて落ちるってこともあるんじゃないかい??
RIMG03660.jpg
これ、島の方だけど、けっこう広く見える。いまいち大きさのわからない島だ。
風が強いから、自撮りする余裕もなかったそうで、比較対象の物体がないし・・・
転げ落ちても困るんで、そういうとこでは無理はしなくていいです。危険だと思ったら、カメラはしまって、両手を開けておけ!!もしくは首からぶら下げられるストラップをつけているんだから、首にかけておくとか…カラナビで腰にぶら下げるとか…とりあえず、手は何かをつかめるように、あけておくのだ。
RIMG03750.jpg
ホテルの中では一番奥まったとこにあって、眺めはいまいち…の部屋から見た白山島。
うろうろ歩いていたのは、奥の方の小さい岩の方だな。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

シジミくんのお母さんへ

兄ちゃんの行った島の回りは波がガンガン押し寄せてきて
その上や近くを歩いて渡るから、かなーーり怖かったそーです。
ほんとは北海道まで行って欲しかったけど、2日もフェリーに乗るのはイヤ!って拒否られ(でも飛行機じゃなくて船希望)、仙台から山形・新潟の旅になりました。

シロンは落ちたら危険…な高いとこにのせられて、いい迷惑かも…
よゆうの顔で乗ってるけど、後ろに落ちたら、けっこう高いんですわ。

♪私がおばさんにな~っても ドライブしてくれる?~♪じゃなくて
うちはパパがおでかけしたい人なんで、ついて行ってますー

No title

迫力のある写真の数々
私は仕事でどこへも行きませんでしたが
こうやって素敵な写真を見てると
自分も行った気になれます(笑)
海をバックに シロンくん
いい写真撮ってもらってよかったね~~
プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた