耐える犬 その2

写真を撮っている日は違うのだが…イスに乗りっぱなしのシロンくん…
IMG_83580.jpg
あら…写真の色がヘンだ…シロンの姿もヘンだが…顔はまだマシ…下のヤツの方がひどい。
IMG_83620.jpg
これはひどいですねー眠たいおっさん。寝癖がひどい・・・
鼻の頭に値札をつけられているが、こういうのは気にしない。
IMG_83640_20150906214041926.jpg
必死に起きようとしているようだが・・・
IMG_83650.jpg
やはり眠い。
それでも、いちおうこの時は起きる努力はしてたような気がする。
IMG_83680_201509062140448f1.jpg
ほら、顔をおろして、寝る体勢に入った。
IMG_83710_20150906214102713.jpg
何の意味があるのかわからないけど、さやが並べた付箋を押し潰して寝てますけど…
IMG_83780.jpg
あ、ヤバい…と気付いたのか、ムクッと起きた。
IMG_83840_2015090621410515e.jpg
首上げキープ。。。姉に気をつかう弟犬。

兄ちゃんは今日も新潟。っていうか、昨日は新潟市内に宿が取れなくて、新発田にいたのだ。
この週末、新潟のお宿はどこもいっぱいで空いてたのは1泊8万(1人で)とかびっくりするような値段のお部屋くらいだったから、手前の新発田にあった朝食付き税込5800円の超お安い宿にしてもらったんですわ。
どんなとこだったか知らないけど、今回の旅で1万を切ってるのはここくらいだ。ま、学生なら普通そのくらいでよいのだが…ちょっと辺鄙なとこに泊まると、周囲に食べられるとこがなかったりするから、1泊2食付で選ぶとまあそれなりのお値段に…

兄ちゃんの乗ってた電車のドアが開かなかったって話。
ボタンを押して内側から降りる人が自由に開けられるのもあるけど、無人駅が続く路線で「ワンマン」って表示のある電車は、後ろの車両のドアは開かなくて、降りる人は運転手さんのいる一番前の扉から降りないといけないってのがありませんでしたっけ?
山陰本線を普通電車でのろのろ移動していた時に、後ろの車両の扉は開かないから、降りる人は一番前に来てください!って放送している時があったぞ、そういえば。
兄ちゃんが開けようとしたドア・・・もしかして、いくら横のスイッチを押しても開かないドアだったんじゃ?? 
(たまに電源入れ忘れかなんかでほんとは開くのに開かなかった…ってのもありますが…)
開いているドアに自分が移動しないといけないタイプの電車だったのかも。。。
日本の電車でも、地域によって乗り降りの仕方が違うから、難しいぞ~目の前にあるドアから、降りられるとは限らない…主要路線でそんなドアにはお目にかからないけど~

子供の頃、日常生活で乗る電車といえば新幹線くらいだったから、電車のドアは勝手に開くモノだと思っていた。たしか静鉄も勝手に開いてたはず。静岡市内の中心部に住んでいると国鉄(今のJR)の在来線に乗る用事ってのがほぼなく、乗るなら新幹線でちょっと遠くへ…って感じで、在来線で他の町に行くことがなかった。
修学旅行で岡山に行った時、電車が止まったのにドアが開かない…え!?なんで、壊れてるの~~??と騒いでいると、おばちゃんが普通にドアを開けてくれた。
そういえば、その前に乗って来た女子高生、自分で開けてたよーな・・・
。。。手動なんですね。。。と、自分で開けて降りる電車のドアがあることを知ったのは、高校生の時だった。
当然、今の兄ちゃんの行動範囲内にも自分で開けて降りるドアの電車はない。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた