シーサイド高浜

写真はシーサイド高浜の裏の海。
DSC076300.jpg
道の駅の名前は高浜だけど、向い側にあるのは大飯原発。
DSC076330.jpg
原発の横の海?川??と、5年ほど前に来た時に、さやと兄ちゃんの目の前で、母がここの水をなめたんですねー
海なら塩味がするはず。。。
よほど衝撃的だったらしく、いまだにママが…、お母さんが…原発の横の水をなめた!!って言いますね~この時は一緒に行ってないけど。
でもさ、この日、ここで裸で泳いでいる子もいましたよ。。。
DSC076340_20150508211059083.jpg
あ~~~僕は遠慮しておきます。。。(シロン)
DSC076360.jpg
と、戻って来ようとしたら・・・ちょいと石の隙間が広くて、あら、たいへん。
DSC076370_2015050821123953c.jpg
あ、やばい・・・落ちるかも・・・ 
後ろ足を蹴りだすべきか、悩むシロン。
DSC076380.jpg
ふご~~~~  華麗にジャンプではなく、前足の力で必死に前に進んだ感じ。
すごいへっぴり腰。で、つねに上げてる尻尾が、珍しく落ち気味。
DSC076390.jpg
ふーーー どうにか落ちずに進めた!と、とぼとぼ戻ってきた。
華奢な足のポメが石の間に挟まってボキッといくなんて心配はあまりしていない飼い主。
普段、湖岸で似たようなとこを渡り歩いてますから・・・こういうのはわりと慣れている方。だけど、いつもより若干、石の隙間が広いとこがあったから…
DSC076400.jpg
このへんは、いつもと同じよーなもんですね。。。
DSC076440.jpg
10時過ぎに家を出て、この時すでに3時過ぎ。
普段、ぐうたら寝ているおっさんが、ずーっと起きてたうえに、こんなことしたんで、超お疲れの様子。

今日は高速をぶ~~んと走って静岡へ。
途中でSAのくさい、くさいドッグランに入ってみた。
なんでかっていうと、今日、ランにいたのは柴犬とたぶんフラットコーテッド・レトリーバー、大きめの犬が数匹で極小サイズがいない。
シロンはちっこい犬は嫌いだけど、ある程度の大きさのある犬なら。。。
さらに、およその飼い主さんが言ってたけど、今日ここにいる子はほかの犬を追い回すタイプじゃなくて、飼い主と一緒に過ごす子ばかり…ってのが重要ポイントですね。自分の群れができあがってる犬ばかりってことで、あまり他の犬にちょっかいださない。ガキじゃない犬ばかりってことか。

さらに、スピッツが3匹。
スピッツってポメと比べると、顔かたちがみんな似ている。系統が維持されてるってことなんでしょうかね?
同じ人が連れていたわけではなく、たまたま出会った何の関係もないスピッツさん同志が、兄弟のようにそっくり。
しかもオスとメスで性別も違って、大きさとガッシリ具合は違うけど、全体的な感じは似てる。
ポメはいろいろ混ぜすぎたのが、出回りすぎ。チワワかパピヨンにしか見えないのに、ポメっていう子も増えてるし…

家の近所で出会ったスピッツさんは、なぜかシロンより小さかったけど、今日のスピッツさんたちはさすがにでかかった。
シロンが小さく見える~~~ そうだよね、日本スピッツはそのサイズだよね。
そして、後ろを見たら・・・特大セントバーナード!
ランの中には入ってこなかったけど、優雅に歩く後姿。。。あの~~~尻尾が。。。ふっさふさ尻尾が。。。ちょうどシロンサイズ!
セントバーナードさんの尻尾とシロンが同じくらいの大きさだった。でかポメがお尻についてるよーな感じ。
前に友達の家で飼ってたセントバーナードは、あんなに尻尾ふさふさじゃなかったし、この犬種を最近みかけないから気づかなかったけど、すごい立派な尻尾の持ち主だった。なんか、イメージと違ったんだけど…
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

10歳には見えない!ってよく言われます・・・

シロンさん、まだまだ若いよ!
プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた