動くぬいぐるみ

ほわんほわんプリティ~おやじ犬ーー
IMG_37490_201504142146313cf.jpg
顔に白髪があるけど、これって…小さい時にはもっと薄かったけど、もともとある柄のよーな気もする。レッサーパンダ柄…
IMG_36810_201504132157485f7.jpg
春休み、さやにつきあう大人な(?)犬。
はいはい、お子ちゃまのお付き合いは面倒ですね。。。さやより年は食ってても、脳ミソ子供って人はいっぱいいますから…どこの犬もたいへんだ…
IMG_36830.jpg
そのへんにあったぬいぐるみを手当たり次第にシロンの上に盛り上げる。
IMG_43160.jpg
あら?なんか急に暗くなったよ。。。たぶんここからはさやが撮ってると思うんだけど。。。
IMG_43310.jpg
背中の上に積み上げられ、前にもズラ~~っと並べられても、おとなしくポーズする犬。
IMG_43360_20150414214636bd9.jpg
はいはい。。。用事は終わりましたか??
IMG_43650.jpg
ママ・・・?? 
シロンが見てる方で、母がべつのカメラで撮っていた。
IMG_43670.jpg
終わったようですね…(シロン)
母が撮り終わったと思ったのか、ぬいぐるみの山の中から抜け出して来た。
IMG_43690.jpg
意外にきれいに抜け出していて、あまり乱れた感じがしないな。。。

一昨日の東海地震の話で今頃急に思い出したんだけど・・・静岡には東海地震とはべつに定期的にM6クラスの地震が襲ってくるって話。
たぶん海の中で起こる東海地震と違って、人の住む陸の部分に震源があって、規模のわりに揺れの被害が大きい。と、実家に置いてあった静岡市100周年の本に書いてあった。

昭和10年(1935年)7月11日の「大谷地震」
今の駿河区の一部と清水区の海に近いとこにずいぶん被害がでたらしい。
市街地はそうでもなかったけど、海側の久能街道辺りがグッチャグチャになったとか・・・(昔からの静岡市民が近くにあるのにイチゴ狩りに行かないのは、そのせいですね…)
静岡地震ともいうそうだが・・・なにせ昭和10年なんて、すでに死んだうちの父すら、まだ生まれてませんから・・・実際の様子を知る人はいない。
その一代上のおじいちゃんおばあちゃんは知ってたかもしれないけど、住んでた場所が該当地区じゃないんで、そんな話聞いたことないしー危ないから海側に行くな!ってことしか。。。
地割れのすごい音がしたとか、地下水が溢れ出たとか、ガスが噴き出したとか、直前に異変はやっぱりあるみたいですね…
安政の東海地震の被害よりも、大谷地震の被害の方が大きかったって話もあるみたいだけど。。。
確かに東日本大震災も地震自体の被害はたいしたことなくて、人的被害はその後の津波でしたから…津波が小さければ、直下で揺れた小規模地震の方が被害はデカいのかも。
阪神淡路大震災はマグニチュードはびっくりするほど大きくないけど、揺れの被害甚大でしたからね。

で、その中規模の地震は巨大であろう東海地震よりも短期間に周期的に起こるそーでして…
母が生まれた直後、昭和40年(1965年)4月2日にも起こってるそーです。まだ京都にいた時期かもしれないし、知るわけないけど・・・
(静岡の一部地域のみの被害で多くの人はあまり関係なさそうだけど、昭和40年の地震では、できたばかりの東海道新幹線に被害が出たそーですよ。)
で、その後、50年経ったわけですね。。。その定期的に起こる陸部での地震も。
長い周期でやってくる震源遠目の大地震より、ちょこちょこと真下で起こるちょっと大きい地震ってのは、厄介な気が。。。
ただ、今は耐震化が進んでるから、そのくらいの揺れで壊れるのは、うちみたいなボロ家だけ…か。
旧市街地で七夕豪雨も関係なかった危険度は少なめ地域とはいえ、ボロいうえに重い瓦屋根~危険だ。

あ・・・地震とはまるっきり関係ない話だけど・・・
小学校の学区ってあるでしょーーあれって住所で決まってて、今時はゆるやかになったけど、昔は通り1本違うだけで、近くても違う学区に行けなかったりしたのには理由があったんですね・・・
学校って〇〇市立△△小学校とかって名称だから、市民が払った税金で作られてると思ってたけど…昔は市が作ってくれるのを待ってられない地元住民がお金を出した学校も多かったらしい。
母の通った学校自体はもともとあったけど、入学した時にちょうどきれいな体育館が出来上がったばかりだったのだが、その体育館は市が建ててくれるのを待っていられなかった学区の住民がお金を出しあって建てたものだったそーですわ。
ま、今でも学校に寄付ってさせられますものねー公立の学校でも。。。親や地域の人からお金を集めて、何かと必要なモノを買っているとこもある。子供のいない人は知らないだろーけど…
昔の静岡には教育と地域の美化に金かけるのを惜しまない人も多かったらしくて、明治の時代に早々と町中で市民がそのへんに垂れ流さないように…!って、公衆便所を私費で設置してくれた人がいたそーです。noblesse obligeですな。
町が汚れないように努力している人がいる一方で、今でも町中でしーしー垂れ流している犬の飼い主は恥ずかしくないんだろーか・・・??

と話はそれたが。。。建築費の問題があったから、お金出してない地区の住民が隣の学区に通ったりできない決まりがあったわけですね。。。金出さずに利用するんじゃない!って感じ~?高貴な人と違って、一般民は心が狭い…
公園なんかもそーいうのありそーな感じ。。。
市民の税金で維持整備している公共の公園なんかだったら、よそ者がのこのこやってきて、地元民に迷惑かけるくらいなら来てくれなくていい!ってことになるんでしょーね。駐車場が用意されていないとこは、そーいう意味が込められてそーな気がするわ。歩いて来れる地元の人優先、よそ者はべつにどーでもいい・・・みたいな。。。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた