冷却中

小汚い水につかって・・・(リードをひっぱられてるから、これ以上奥には行けない犬)
IMG_63020.jpg
↓ 砂をまぶす・・・ 砂団子を作ってる時の子供の手みたいなもんで、そのうち乾いてくる。
IMG_63300.jpg
ここはシロンの頭よりかなり高くなってて・・・それでも普通に飛び乗れる高さなんだけど・・・
壁になってるとこに、犬がいっぱい臭い付けしているよーで、くんくん嗅いでいて離れない。
IMG_63310_20140728210818925.jpg
も~~、毛に臭いがつくでしょーー!ってことで、母が下りて、無理やり押し出し。ほれ、早く行け!
IMG_63390.jpg
これでは場所がわからないけど、ちょっと高くなったとこにいる。
IMG_63410.jpg
暑かったようで、口からよだれがタラ~~。。。(クリックしたら、口の辺りに見えるでしょー)
珍しいな。そんなにハアハアしてないけど、体温調節中~
よだれを出して、気化熱で冷やす。
IMG_63470.jpg
涼しい顔しているように見えるけど、迫ってみると…よだれ、垂れてますよ。
IMG_63510.jpg
舌も出して、放熱中。
そこまで老犬でもないから、まだ体温調整機能はそれなりにある。
若くても甲状腺機能が低下していると体温調節機能が悪くなるから…熱中症になりやすい犬ってのは、そういう病気の子で、普通の健康な犬なら過度に心配しなくていいような気もする。
けど、ポメは生まれつきそういうタイプの子が多いから危険かも。大きくならないこと自体が病気の症状だそーですから…
IMG_63590.jpg
ちなみに、立っていたのはこんなとこだ。
好んで、わざわざ端っこに立つのが、この犬。

橋の方から歩いてきたら、いきなりここで道が終わったのよ・・・なんとも中途半端な・・・
シロンは上に残ってもらって、母が下に飛び降りて写真を撮ったのだ。下からシロンを持ち上げたわけではない。

薬をもらいに病院に行ったら「ヒナを拾わないで キャンペーン」って貼り紙がしてあった。
前から、鳥のヒナが落ちていても、手出しするなって話は聞いてたけど、そんなキャンペーンあるのね。。。
ヒナとのかかわり方がわかるハンドブック

昔聞いた話では、強いヒナが弱いヒナを巣から放り出してるから、落ちてるヒナは生存競争に負けたヒナで、たとえ巣に戻しても、また落とされるそーだ。他の生物のエサになるから…そのままにしておくよーにって聞いたけど…
食物連鎖の下位にいる生き物は、生まれたヒナが全部育つなんて想定してないから…夫婦2羽から、一生の間に2羽残ればある程度の数は保てる…って。残りは他の動物のエサとか…

理由はどうあれ、野生の鳥を飼うこと自体が法律に触れるよーだし。
落っこちてるようでも、元気で動けるヒナは巣立ちの練習してるだけって場合もあるから、勝手に連れ帰ったら鳥にとってはいい迷惑…ってことらしい。
親鳥の指導ではなく、人間さんにお世話してもらっても、野生で生きる術は身につけられないから、元気になっても野生で生き残れないのだろう。
野生の生き物に、かわいそう・・・と人間が手出しするのは、今もダメなよーだ。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた