明る過ぎ~

風穴のあとは・・・バラ園。1ヶ月以上前の話ですからね…今、バラが咲いているわけではない…
IMG_56920_201407052128538bb.jpg
この時ですでに終わりかけ~~ちょっと遅かったわ~
ついでに太陽ガンガンの時間だから・・・明る過ぎ。
IMG_57070.jpg
入口に花に消毒薬を使っているから注意してください…みたいな看板が立っていた。
一番ヤバいのは、裸足で歩く犬でしょーから・・・ペット連れへの注意喚起って感じでしょー
ま、雨あがりで道が濡れているわけでもないし、花を舐めまわすわけでもないし、まあ大丈夫でしょう。
自分から好んで草の中にも入るような犬じゃないし…舗装されてるとこしか歩かないから…
(この数日後にたまたま血液検査を受けたけど、いつも高いALP以外は基準値内だった。)
IMG_56870.jpg
太陽が、明る過ぎです~~

で、シロンの前の草のとこなんかは、消毒薬がいっぱいしみこんでるかもしれないわけですね。。。
うちの家の周りなんて、田んぼで農薬をガンガン撒いてますからね~風に乗っていっぱい流れて来ていそう。
短期間にいったい何回まくの??ってくらいマメに稲に農薬散布してる。
普通に食べてる米や野菜って、相当な量の薬が使われてると思います~~
で、農薬をガンガンまくせいか、うちの近所って蚊があまりいない気がする。薬でボウフラが退治されちゃってるんでしょーか?
母は蚊に好かれる体質で蚊がいれば家族の中で一番にやられるのだが…実家にいると蚊の餌食だが…うちの周辺では最近刺されない…
前に住んでた大阪の某市では、市の職員が蚊が卵を産みそうな場所、水たまりだけじゃなくて、放置バケツの中とかまでチェックして蚊を減らしたって言ってたけど…こっちは薬でやられてるっぽい気が…
-----------------------------------------------------------------------------


ちょいと前に、いつもの検診よりもっとたくさんの項目の血液検査をしてみましょーってことで、シロンではなく母が血を抜かれた。
昔からHDLコレステロール(いわゆる善玉ってやつ)が110前後と高い値だが、京都の病院まで行って調べてもらったけど、他に異常がないから問題ないでしょう…ってことになっている。
善玉は多い方がいいっていうけど、多過ぎるのも問題な場合もあるってことで、健保組合からのお達しで調べられた。ま、病院の人は、わざわざ検査するほどの数値じゃないって言ってましたけど…

何やらいろいろ検査結果がずら~~・・・見事に基準範囲内に入ってるじゃん。
50一歩手前のわりには、見事なもんだと。
疑わしい甲状腺ホルモンも調べられてたけど、問題なく、50項目ほどある検査では、紙の上では健康体。

たぶん問題は女性ホルモンだね~~・・・ってことで、そのまま婦人科へ。
全額自費ならたぶんそこでも検査は受けられるんだろうけど、まあ保険診療してもらおうと思ったら、まずは内科で調べて、問題ないから、次は婦人科に行って、はいそれじゃあホルモンの検査をしましょうねーって手順が必要なんでしょう。
で、そのあとどーするかってのを・・・自分で選べなのよね~~この年だと。
いわゆる更年期障害ってやつですね。
のぼせとかって典型的な症状はないのだが、肩凝りとか腰痛とか節々痛いわ~ってのも、ホルモン不足から来てることが多いんだとか…消炎鎮痛剤じゃ根本解決にはならないのか…

45歳以下だったら、ホルモン補充療法をすぐに勧めます!って先生は言い切る。
前に産婦人科に行った時もそれは言われた。気になったら、すぐおいで…と。
でもさ、その時はとくに用もなく、48になってから行ったら…
最初に行った時と違って、病院は大繁盛していて超忙しい。
妊婦さんや不妊治療の人がいっぱいで忙しいから、もうあんたは診る時間ないよーーみたいな扱いで、ホルモン治療の話なんかまるっきり・・・
もう出産しないおばさんを診るより、出産や不妊治療の方が儲かるしねー 
儲かってないとこと違って、うちは流行ってるから、患者を選ぶよって感じ。
はいはい、婦人科専門のとこに行きますよ。

で、今回はちゃんと婦人科専門、産科のないとこに行った。
見るからに安心感のある、肝っ玉母さんタイプのお医者さん。
1時間待ちくらいだと言われたが、待ち時間にこの本を読んでおいてくれと問診票に書いた内容から該当するであろう本を渡された。
どこぞの動物病院は放置した場合の怖い症例が載ってる本だったが、ここのは親切に細かい説明のしてある本で、1時間で読める内容ではないのだが…まあサラッとおおまかに読ませてもらってから診察室へ…
中に入っても、机の上にはわかりやすい写真入りの図とかあって、ぽんぽん説明してくれる。
わかりやすいといっても、まあ馴染のないホルモン名が並んでるモノもあったりしますが…
今まで出会った医者の中で一番わかりやすい人だ。
なんか、ああいう貫録が安心感を与えるというか。。。

治療法を患者に選ばせる医者はよくないっていうけど、重症でもないし、年齢的にしなくてもとくに問題ないけど、する?みたいな感じ。
ホルモン療法とか副作用を気にする人も多いし、昔ならなかった治療法だし・・・時期が来て体が慣れたら、まあそれなりにやって行けるものだっておばあちゃんたちは言ってるし・・・
あえて治療する必要のないモノなのかもしれないが。。。
確かに治療の目安みたいに自分の状態を点数化していくと、特に治療の必要な人の中には入っていない。
パッチを貼るだけの簡単なヤツだよ!って、前に行った産婦人科では熱心に勧めてたけど・・・
それは年齢が40代半ばまでに普通よりも早い時期に起こった場合の話で、50に手が届く年なら、もうごく普通に当たり前のことなんで、選択肢はいろいろよ~~~って感じ。
ほっときゃ治るけど、なんかする??みたいなもんでしょーか。
ここで治療しないと一気に老けますよ!みたいに、治療を勧める医者もいるけど。
年齢によって、治療するかしないか…普通は決まる感じだな。
「更年期障害」ってくらいで、病気じゃないっていうしー

ちなみに、内科で出されて飲んだ漢方薬は…効いたか効かないのかよくわからないうちに
唇がガッサガサ荒れ始め、なんか膨らんできて…ちょっと、これ、合ってない?
と飲むのをやめたら、治りだした。もう1回飲んでみたら、やっぱりまた唇が…
こりゃダメですわ。
そんな症状初めて聞いた!おかしいね…って内科の医者は言ってたけど、婦人科の方では、そうなったら飲んじゃダメです!と…
漢方って時間かけてじわじわ効いてくるのかと思ったけど、けっこう即効性があるそーで…

女性ホルモンが減ると、骨粗鬆症の危険度がUPするっていうでしょー
若い女性でも無月経になると、骨がヤバいって。。。
・・・早い時期に避妊手術されてしまうメス犬って・・・骨、大丈夫なんでしょーか。。。??
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた