河内の風穴へ

見た目よりは暑いとこでもけっこう大丈夫な犬。
IMG_54160.jpg
まだ、太陽の下で走ってますねー
IMG_54420.jpg
と思ったら、舌がだいぶ出てきたので、終了!
IMG_54450.jpg
建物の陰のコンクリートの上は冷たくてよいのだ。
でも、こういうとこで寝そべったりしないのがお坊ちゃま流。

で、次に行ったのは「河内の風穴」。
河内って大阪だと思ってたら、滋賀県にも河内ってとこがあったんですねー多賀町にある鍾乳洞だそーです。
ここの駐車場に到達するまでの道もかなり細い。絶対すれ違い不可のとこもあって、初心者にはかなり辛い道。運転に自信のない人は行かない方が無難かも。
DSC047570.jpg
駐車場(有料)からも、ちょっと歩く。
IMG_54520.jpg
最初はただの坂道だけど、風穴の手前は1段の高さが高い階段。足の上がらない人は行けませ~ん。
この日は子供がたくさん来ているから、犬は抱っこでお願いします!ってことで、袋に放り込まれたシロン。
スリング持って行ってて、よかったわ。6kgを手で抱えて歩くには、ちょいと辛い。
けど、もっと重たいであろう乳児を抱っこで連れてきている人もいた。さすが現役お母さんは強い!
IMG_54560_20140627205928471.jpg
ごーごー勢いよく流れていた。
IMG_54580.jpg
とっても嫌そーなシロン君。
IMG_54610_201406272100221cf.jpg
下は沢で、上は緑~~自然豊かなとこのよーだが・・・あちこちに「危険」「危険」のロープが…
崩れやすいとこなのか、老朽化しているのか??
IMG_54640.jpg
ここは道から外れていて子供は下りてこない、というか怖くて下りられないみたいなので、シロン解放。
でも、斜めの岩が怖いみたいで、へっぴり腰だ。苔とか滑りそうだし…
子供の頃、よくこういうとこに連れて行かれたから、岩の上を渡り歩いて行くのは平気な母。
じつは小6から、ほぼこの背丈、体重だったから、子供の頃は軽やかにできたのに、大人になったらできないわ~にはならないのだ。さすがにぴょんぴょん飛び跳ねて勢いよくは無理だけど体の感覚は子供の頃と変わらないんで…
逆にパパは小6では身長が130cm台くらいしかないおチビで、今170越えてますから…そりゃ、全然違うだろう。
IMG_54730.jpg
あの穴から、中に入ります! 
とーっても涼しいというか、冷気が流れ出してくる。
看板が切れてるけど…落石注意とか停電注意と書いてあったような気がする。
上から見ると、すごく小さい穴に見えるけど、まあそれなりの大きさ。ちょいとかがめば入れる。
DSC047640.jpg
ライト関係は持ってきてないけど、観光施設だから大丈夫だよね~
30年前、富士山の近くにある蝙蝠穴ってのに行ったら、当時はまるっきり観光施設ではなく、真っ暗闇。
懐中電灯を取りに帰って、翌日再チャレンジしたけど、ここは有料の観光施設ですからね…ライトはついてた。
さらに、もうちょいと昔、高校生の頃、たぶん朝霧高原に合宿に行った時、どこかわからないが名もない風穴?か何かに入ったんですが…
そこは観光用でもなんでもないとこで、懐中電灯ではなく、ろうそくを渡されて、ぞろぞろ入って行ったんですわ。
中のことはまるっきり覚えてないけど、これより小さい穴から外に出る時、ヘンな臭い…
と思ったら、手に持ってたろうそくで、髪の毛をじりじり焼いてしまったという、どんくさい過去がある。
というか・・・なんかのんきな時代だったねー 今時そんなことさせたら、学校に苦情が来そうな…
静岡側は今は登山口が3つあるけど…もともと静岡の人って富士山は仰ぎ見る気高きもので、あまり近付かない。
爆発しなくても、大きな石が転げ落ちてくる落石事故とかあるから、あまり人を近寄らせないようにお役所がしてたのに…世界遺産だ、ほれ観光地化~~なんてことしたらさー…噴火した時、やばいじゃん。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた