ふわっ❤

薔薇のからまるパーゴラ。
IMG_49830.jpg IMG_49900.jpg
こういう棚を作る時、生えてからみついた植物の重さを考えて作らないといけないっていうけど、わんこの毛がもっさらもっさら生えたら、それなりに体重は重くなるんでしょうねー
羊の毛刈りすると何キロも取れるっていうけど、ポメなんかでも、デカい子なら数百gは取れそうな気がする。
なんとなくだけど、1㎏に付き100gくらいは毛なんじゃ?
丸刈りにしたら5キロくらいの子で500g体重が減って帰ってきたとか、1㎏台の子だと100g減った~とか聞くけど、毛の重みなのか、ちょっと湿ってたのがドライヤーで乾かされて軽くなるのか??
毛に水分を含んだら重くなりそうだし…毛だらけの物体は、湿度の高い日は体重も増えるとか、ないんでしょーか?
IMG_50030_201406212108217d0.jpg
植木鉢の花に水をやると、乾いてた土がガンガン水を吸って、すっごい重たい植木鉢になりますが…
そこまで毛は水を吸わないだろうけど、濡れた雑巾は乾いた雑巾より重いのは確かだし…
ぱさぱさ毛の子と、しっとり毛の子で重みに違いがあったりしないのでしょーか。
この時期に太る犬って、乾燥した季節より毛の水分が増えて…なんてことはないのだろうか?
なんて、ふと思ったりしたのだった。全身毛だらけですからねー、こちらのワンコさん。
ちなみに、この前家でシャンプーした時にちょっと毛をすいて、腹毛を減らしたら、100g減っていた。
誤差の範囲内みたいなもんだが、毛の重さかも。
IMG_50050.jpg IMG_50190.jpg
この毛玉、どれくらいが毛の重さなんでしょう?
ポメといえばふっわふわ~~だったのが、どこかの犬舎の都合で剛毛をスタンダードにしてしまったよーで・・・
さわりごこちの悪いのは、ほんとはポメじゃないと思います。。。
IMG_50270_20140621211745597.jpg
ふわふわしたのがイタリア系のポメラ~ニアンでしょう。
薔薇よりもこっちの牡丹(芍薬かも…)の方が似合う犬。
ん?ここってイングリッシュガーデンのはずですが・・・
植えてあるのはけっこうアジア原産の花だったりする。
庭の形が英国風ってことで、花自体は日本のモノがけっこう植えてある感じ。
IMG_50350_20140621211745366.jpg
見た目のとおり、柔らかくてふっさふさの毛の持ち主。
みんなが手をつっこみたくなるもっふりぶりで、実際にさわるとふわふわ~~と喜ばれる犬。
IMG_50400.jpg
ドイツ原産の・・・っていうのは、昔の人の勘違いかなんじゃないでしょーか。
女王が連れて帰ってきたのは、イタリアの犬だったはずで、ジャーマンスピッツとは大きさも違うし。。。
たぶんヴォルピーノイタリアーノ×ジャーマンスピッツ、マルチーズ、ペキニーズあたりがふわふわ真ん丸おめめのポメラニアンで、ドイツ系のごわごわ毛にアーモンドアイで超小型化したツヴェルクスピッツとは違うでしょー
超小型犬によくみられる特徴は、遺伝子異常の病気の症状と同じだったりするのは・・・そういう知識なしに、ただ見た目だけで人間に都合のいい犬を作ってたからでしょう。
IMG_50220.jpg IMG_50520.jpg
日本風なイングリッシュガーデンでくつろぐ、たぶんヴィクトリア女王好みのポメラ~ニアン。
スポンサーサイト

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた