ほげっ・・・

安静なんて言葉は、理解しない犬。ぴょんぴょん跳ねて、走っている。
走るな!なんてことは聞いてません。。。今日も元気だ!ってことで、ま、いいか・・・
気付いたら、父ちゃんのベッドの上に跳び上がって、寝てた。足は問題ないよーです。
IMG_25191.jpg IMG_25430.jpg
けだるいこの写真は…瀬戸内の旅でその後の写真がたまりまくって、1ヵ月ほど前のシロン。
下の白いほわほわしたのはフェイクファーだが…小さい子なら許されても、安っぽくて、さやでももう着れない。着られるサイズだけど、もう着られないのです…資源の無駄遣い…本物の方がいいねーやっぱ。
IMG_24740.jpg
ポメは毛が伸びるのが遅い犬種だが、やたらすぐに伸びる子もいるのが、不思議だ。
シロンは遅い。それなのに、前のトリミングで、毛玉があったわけでもないのに、胸の毛をバッサリやられてしまったから、貧弱。
俺の胸毛を返せ!…です…切られたモノは、戻せないから、そんなこと言ってないけど。
今時のトリマーさんのポメの基本って、3cmとか5cmバリカン(バリカンといっても丸刈りじゃなくて、同じ長さで長めでもガーっと一気に切れるヤツ)短いのが基本形で教わっているみたいで、長いのは???見本帳にないから、わかりません…みたいな人ばっかり。
そりゃ、ブラッシングもシャンプーもドライも長ければそれだけ手間が増えるから、効率化を望むショップにとっては、ロン毛のポメなんてありえないスタイルなんだろうけど~ポメは長いのが基本でしょ。
それでも、この巨体をスピッツ料金ではなく、ポメ料金でやってくれる。
2キロの子とデカいのが一緒の料金でいいんですね…ほんとにいいんですか?と一応聞いてみるけど、店が大きいとこだし他で儲かってるんでしょーかね、ポメはポメってことで体重制の追加料金はない。けど、毛の量なんか何倍も違って、何もかもたくさん必要だろう…だから、なるべく家で洗っている。
IMG_24770.jpg
さやと戦闘中。
IMG_24790_20131118170409d12.jpg
頭を支点に回転中ーー
IMG_24800.jpg
4本の足を激しく動かして暴れ・・・はみ出して行った。 布団にピントいってるよ…
IMG_24890.jpg
暴れて、満足のよーです。
---------------------------------------------------------------------------

梅田のヴィトンに飾られてたフォックスファーのボンボン(¥121,800)。
ボリュームがあって毛並もよくてきれいだったけど、ボンボンというより、小さい尻尾って感じ。キツネの肉は普通食べないから、毛皮にされるのはちょっとかわいそうねー。
少し前にスペシャルBOXで化粧品付き大特価の25ansを売ってたから、倍ほど年くってるけど買ったら…やっぱ、ああいう本では冬のおしゃれの主役は本物の「ファー」なのね…
母はロシアンセーブルの柔らかさが好きです・・・。

うちは過激な動物保護はあまり賛成しない派。
装飾品用や愛玩用のペットの大量生産はともかく、食用になるものはさほど気にしない。
毛皮のコートは否定的な目で見る人が多いから着ないけど、首に巻くヤツはある。
毛皮の小物は、けっこう買う。ふわふわ~~な飾りはたくさんある。

人間に利用されるために生まれてきた養殖の動物さんは…肉は食べられ、毛皮は防寒着や装飾品。
食肉にすれば、毛や皮が出てくるのは当然だから、かわいく使ってあげた方が…
今の日本人はあまり食べないけど、ピーターラビットのお父さんはパイの姿で紹介されてるくらいで…うさぎは食肉。牛や豚と一緒で、野蛮だとかそういう問題ではない。
繁殖力も旺盛だから、飼われていたヤツが野に出て増え始めたりしたら、生態系が崩れてた~いへん。

増えすぎた動物は駆除が必要だという意見にも、賛成する派。
動物が人里に下りてきて退治されると、人間が自然を破壊して、餌不足にしたから
動物達が餌を探しに人のいるところに出てくるって思っている人がけっこういるけど
エサが不足しているのは、保護され過ぎて、動物の数が増えすぎたせいって種もある!!
シカなんかそうでしょう。

オオカミのような肉食獣が山に存在しなくなって、食べられて数が減ることがなくなってしまった。
野犬も捕まえて保健所、殺処分だし・・・
人間が食べてくれたら数が減るけど、猟をする人も減った。

食物連鎖の上に立つ肉食動物はもともと個体数が少ないから、人間が絶滅させてしまったけど…
(昔は個体数の多い鳥なんかも捕りつくして絶滅させてるけど~)
食物連鎖で肉食動物より下の層にいる草食動物は食べられて数が減ることを前提にポンポン生まれる。
でも、それを食べる肉食獣は存在しないと、過剰に育つ。
そして、増えすぎて、本来その地域にいるであろう適正な個体数を越えてしまう。

その過剰な個体数の草食動物に、地域にある草や木の芽が根こそぎ食われ、草木も育たなくなる。
で、草食動物たちはエサがなくなる。
増えすぎて、自分で自分の首を絞めるわけですね。
で、共倒れにならないために、個体数を減らしてあげる必要があるわけなんですよ。
本来そこにいなかった種の肉食獣を連れてくるわけにはいかないから、人間が登場するしかない。
猟師が鉄砲でバ~ン!と売って、できればその肉や皮を利用するのがよいから、お役所も猟師育成に力を入れ始めたんでしょう。

世の中バランスってものがあるから、1種だけが異常に増えすぎると、ダメなんですねー
とある地域でラッコが激減したんだそーです。乱獲とか環境汚染で犯人は人間ですけど。。。
ラッコがいなくなると、それまでラッコが食べてた貝や甲殻類を食べる動物がいなくなる。
そうすると、海の中のそういう生物が増える。
そういう生物は海の中に生えている海藻を食べるんだそーですよ。
それまではラッコに食べられて数が押さえられていたのに、取って食べるラッコがいなくなったから
海藻をエサにする生物が異常繁殖する。
そして、どんどん海藻を食べまくったら、その地域の海藻がなくなってしまった。。。
海藻がなくなると、魚はそこに隠れたり、卵を産んだりできないし、光合成もしてくれない。
魚もいなくなります~~
頂点にいた肉食のラッコがいなくなって、草食の生物が増え過ぎ、海藻がなくなって、生物が棲めない場所になってしまった。

何も考えずに過剰に保護すると、たいへんなことになるんですよー
狩って食う肉食獣が減ると草食獣が増える。
草食獣が増えすぎると、エサが不足して植物が減る。
植物が減ると、エサがなくなって、草食獣もいられないなる。
草木が生えて来なくなると、ハゲ山になって土砂災害の危険性も当然上がる。木が根を張っていてくれないと地面が崩れやすいですからねー
他にも、木に住んでた昆虫や鳥も居場所やエサ場、卵を産む場所がなくなって、減少。
生態系は崩れるのです~~
その時のある個体を守ろうとすることが、逆に多くの種の危険になる可能性もあるってことを理解しないで
ただ殺さないで!っていう子供みたいな発想はやめて、ちゃんとお勉強しましょーね。。。

IMG_33400.jpg

ついでに・・・上の話と関係ないけど、犬の肛門腺絞りって、いったいいつ頃からするようになったんでしょうね?
昔の犬って、そんなことする必要なかったんですけど・・・
今でも中型犬以上だったら、勝手に自分で出すんじゃなかろーかと・・・
健康な犬は普通自力で排出するものだったはずが、弱い個体が増えて自力排出できない。
昔は弱い個体は生まれてしばらくの間に淘汰されて育たなかったから、そういう個体は少なかったはずだけど、今は極小レアは高額取引されるから、小さい子を手厚く看護して高く売るペットショップが増えて、不健康な子が売り出され、育ってからも余分な手間をかけてやらないといけなくなっているように思える。

さも当然のようにペットショップでトリミングとかすると肛門絞りなんてメニューがあって、無理矢理絞り出す。
シロンはたまらない方なのに、無理矢理絞ったみたいで、帰ってきたら肛門周りが真っ赤っか~~になっていたことがあって、驚いた。
行く前はきれいな肛門だったのに、帰ってきたら、すごい色に変色。
絞ろうと必死になって、犬を傷つけてるのに気付いてなかったんだろうねえ、トリマーさん。
お仕事熱心なのはいいけど、ちょーっと間違ってる気がするよ。

あれって、小さい時から人に絞られる習慣をつけてしまうと、よけいに自力で出せなくなるんだってー、犬にはいい迷惑だね。
過保護にすると、機能が衰える~
若いのに自力で出せないってのは、問題ありですよね、ほんとは。
たまり過ぎて破裂すると大変なことになるから絞るっていうけど、そういう状態になるのは他に異常があるような気が…
絞らないと病気になります!じゃなくて、絞ってもらわないとダメな状態の子は、体調が万全ではないから…
不健康じゃなければ、自力排出できるはずかと。。。
自力で出していたら、それは喜ばしいことのように思えるけど、苦情になっちゃうですねー今時は。

もしかしたら今時の専門学校とかでは、犬本来の力を信じて、元気な子の肛門腺は絞り過ぎないように、自力排泄を促しましょう~とかって教えてるのかもしれないねー(実態は知らないけど…)
でもさ、飼い主は肛門腺絞るモノだって、刷り込まれてる人が多い。
絞るのが通常業務でやってきた世代の人だと、やっぱ絞るのは当然だろうけど、犬本来の力を…って指導方針のとこだったら、完全に絞りきらないで…って教えてるかも。
でも新人さんだったら、上の人やお客さんに反論できないし・・・

そう、知識のある新人さんとか、かわいそうなのよねー ただドンくさい新人さんもいるだろうけど…
今のおじいちゃんおばあちゃん、おじさんおばさん世代より、とくに理系というか科学的なことは、昔より広範囲でいろいろと教わるんですよ、お勉強する子はね…
(ゆとり世代で、しない子はまるっきりしないから、超無知だけど…)
数十年の間に科学は飛躍的に進歩してるから、たとえゆとり世代といっても、科学系の分野では親世代、祖父母世代の頃には知らなかったことも、教わってます~
でも、お客は上の世代も多いし、ゆとり世代の勉強しなかった子は、もっとタチが悪い。

お客が無知でも、反論したら態度の悪い店員!って言われるし、上司にははむかえないし・・・
今時はネットで同じ意見の人ばかりで集まって、たとえ間違っていても数で勝負!みたいなとこもあるしー
とくに若いお母さん世代って、厄介。大人になっていない親が好き勝手するから~

ネットの中ではなく、実際に幼稚園であったのは~
苦労してすっごい倍率の採用試験を突破して採用された期待の新人幼稚園教諭。
幼稚園の先生は保育士ではないから、採用されるのは狭き門ですよー
その難関を突破して、はれて幼稚園の先生になった新人先生。
来る日も来る日もお母さん方に無茶なことをいろいろ言われ・・・耐えきれず、精神科に入院。
そのまま復帰することなく、数ヶ月で退職されました。。。
我儘放題の保護者って、どーにかならないもんなんでしょーかね。
アホな親が、将来ある人をつぶして楽しんでる気もする。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた