厄除け

写真がアップロードできなかったんで、文字だけ。しかも、シロンは関係なし!

厄除け御祈祷のことに関しては知識がないし、親は死んじゃってて聞けないし…ご近所さんに恥をさらすのも…ってことで、神社に直接聞いてみた。
お賽銭と厄除けの祈祷はべつのものだから、改めて厄除けはしないと・・・って感じの話だった。
高額なお賽銭だったな、兄ちゃん。
しかし、教えてくれた方には悪いが、もっと金を持って来なさい!って感じの話し方だったので、なんとなくお願いする気にはなれず、べつのとこに行くことに。
母は友達に厄除け団子をもらっただけで厄除けって行ったことがない。父ちゃんもまるっきり行っていないのだが、こいつは厄だらけの男のような気がして、このままってのはダメな感じが。。。

このへんでは厄除けといったら立木観音らしいけど、お寺はちょっと…なので、近江一宮・建部大社で。
参拝に行くのに自転車で出かける変わった男。自転車で中に入って行くわけじゃないからいいけど…
伊勢神宮に行った時、四本足の動物や車輪のついたモノは中に入ってはいけないから、偉い人でも橋のとこから先は徒歩で行かないとダメって話だった。(今は車椅子での参拝可…だけど階段が難関…)
来てくれる人が少ないと収入にも響くからか、最近はペットOKのとこも増えてるけど、神社は基本、犬は入れない。

近所の神社に比べたら規模が違うから…ちゃんと聞ける人がいたそうだ。
予約なしでいつでも受付可のはずが。。。今日は神事があるから、すぐにはできない。
ってことで、ちょうど始まったばかりの神事を見学。護国祭という行事だったらしい。何も調べずに行ったから…
でも、そのおかげで普段滅多に見れないものを見られたようだ。
昨日は節分だったから人が多かったはずだが、今日は…
厄除けは節分までに!っていう話もあるけど、好きな時でいいって方を選んで、勝手に今日なのだが…さすがに他には誰もいなくて、1人で御祈祷してもらったそうだ。

お札、お守り、幸運の矢とかグッズいろいろ厄除けセットみたいなのをいただいてきた。
こんなにいっぱいあったら、初穂料の半分くらいは返してもらっちゃった気が…
スポンサーサイト

兄ちゃんの瀬戸内の旅

兄ちゃんのしまなみ海道、広島の旅…続編。
しかし、写真を見ても、どこに行って来たのか、さ~~っぱりわからない。
DSC056110.jpg
きわめつけは、これ。ま~~~っしろ・・・いったいこれは何ですか??
兄ちゃんに聞いたところ・・・しまなみ海道を走るバスから撮った海・・・だとか。
おい、何も見えないぞ!
しまなみ海道を走る自転車は、自動車道の下の網に囲まれた自転車や歩行者専用の橋を通らないといけないんで、景色がいまいちよく見えないんですね。
だから、まずは今治駅から福山に向かうしまなみライナー。バスなら座席位置が高いから、普通の車より景色がよく見えるんですよね~
前に高松まで高速バスに乗って行った時にそう思ったのよ。普通自動車で自分ちで運転していくよりも、高速バスにのせて行ってもらった方が運転しなくていいだけじゃなくて、高い位置から景色が眺められるっていう利点がある。
夏休み後半、天気の悪い日が多かったから、待って、待って、絶対に晴れが続く日を選んで直前予約してでかけたんですからね。この日は天気がよくて、とてもよい景色が見られたはずなんですけど。。。真っ白な写真が1枚あっただけ。
DSC056120.jpg
で、次がこれ。
これは何かというと・・・高速道路にある向島のバス停。ログハウス風ですな。
DSC056130.jpg
高速道路上を人間さんが歩くわけにはいきませんからね…外への出口には、イノシシ侵入防止の看板。
1人で歩いていて、イノシシに出会ったら、いやだねー
DSC056160.jpg
自転車も通れない道を歩いて、最寄りのサイクルセンターに自転車を借りに。
そのまま渡し船で対岸の尾道に渡って、尾道からスタートすれば~~って言ってたのだが、軟弱男は向島からスタート。
でも、サイクリング推奨コースではなく、なぜかぐる~~~っと島の海岸沿いを南下して来たらしい。その方が遠回りなんじゃ??尾道に戻るより、面倒な気がする。
国道を走れば三角形の1辺なのに、わざわざ2辺を走ってきたよーなもんですよ。
DSC056190.jpg
で、ここの海は、たぶん向かいの岩子島との間の海だと思う・・・だそーだ。
DSC056210.jpg
最初はたぶん船に乗った港って言ってたけど、その後にどうみても因島大橋の写真があるんで、それより先に港ってことはない。
DSC056240.jpg
前に見えてるのは、因島大橋でしょー
DSC056260.jpg
だいぶ近付きましたね。
DSC056310_20150501215744caa.jpg
自転車で橋を渡っているところのようだ。
こいつ、自分の写ってる写真が1枚もなかったのだ。ほんと、センスないわーせめて借りた自転車くらい一緒に写せよ。
DSCN09300_20150501220207510.jpg
ここはシロンくんも行ったことがありますよ!
1年半前のシロンは、なんか今よりずいぶん毛が短い~~毛がないとちょいとスリムに見えるでしょ。
2013年10月・・・台風がかすめて行った日だったが・・・兄ちゃんとは反対、因島側から橋をちょっとだけ・・・
DSC056380.jpg
橋を渡って、因島に入ってからも、また海岸沿いにひたすらぐる~~~~っと島を走って行ったらしい。
さぞよい眺めだったのではないかと思うのだが・・・1枚も写真がない。
兄ちゃんはGoProでも頭にくっつけておかないと、写真は撮ってくれそうにないわ。
上の写真は、土生港でしょう。
夏のクソ暑い時に延々自転車で走る勇気のない男は、ここから自転車ごと快速船に乗り込んで、ショートカット。(この船は時間帯によっては旅客のみで、自転車を載せてもらえないので、要注意。)
因島の土生港から乗って、岩城島、伯方島を経由して、大島の友浦港へ
そのまま船に乗っていれば今治港まで連れて行ってくれるけど、最後の大島は自力走行。
前に母たちが泊まった岩城島のホテルとか、弓削島のちょいとしゃれたリゾートホテルとか1人だとお得に泊まれるから、勧めたのだが…離島に泊まる勇気はないってことで、無難に今治泊を選んだ男。どうせなら、このへんの島のどこかに泊まれよ。
船の航路は途中は水流の速いとこも通って豪快そうだと思ったのだが、まるっきり様子はわからない。。。船の中で寝てたんじゃなかろーか…旅に出たら、移動中も周囲に目を光らせておけよ。
今度は小さい船だから、大型フェリーと違って、海面が近いじゃん。
ボケ~っとゲームしてたり、寝てたり…なんて、家の中でもできるよーなことを、絶対にしないでおくれ。わざわざ時間と金をかけて知らない土地に行く意味がない!

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

電車のトイレ

人のベッドでくつろぐシロン。
DSC00433(1).jpg
犬が外で飼われていた頃には、ありえない光景。
まあ、今でもしつけの面では、人のベッドに乗るのはダメ!・・・だけど。
飼い主が甘やかすと、こ~なる。


で、本題。
電車のトイレって・・・そのまま外に垂れ流しだったのを知っている人は、何歳以上??
きれい好きな日本人が、最近までそんなことしてたなんて、知ってる人はどのくらいいるんだろう??
下水管につながっているはずがない電車のトイレ。今は車内に貯めているらしいけど、昔はそのまま直接まき散らして、風に飛ばされ、そのへんにばらまかれてた。

東海道新幹線開通の年の年末に生まれた私・・・母の実家のある京都で生まれたから、生まれて初めて乗った電車は新幹線。そんな記憶があるわけもないが。
在来線だと10時間くらいかかってしまうから・・・と、奮発して新幹線に乗ったらしい。そりゃ、乳児連れて、長時間の移動はたいへんだろう。
新幹線でさえスピードが遅く、京都ー静岡が3時間ほどかかったらしい。今なら京都ー東京、2時間21分なのに。
それでも、新幹線のトイレだけは、最初からまき散らさないようになっていたらしい。さすが、日本の誇る新幹線。

在来線は1980年代くらいまで、場所によってはもっと最近まで、ふつ~に垂れ流していたらしい。
だから、子供の頃、駅に近付いたらトイレ使っちゃダメ!!って親に言われた。
たとえいきたくても、駅に止まっている時は我慢しろ!と。

新幹線はその心配はなかったらしいが、普通の電車は、そのまま、ホームの前に出したものが残ってしまう。
そうでない場所では風に吹き飛ばされて、飛び散って、そのまま線路上や周りの家に降っていったそうだ。
それも、また迷惑だな。結局、列車内ですれば、全部外に放出されてたんだね。
線路の近くを歩いていたら、かぶってるってことだろうし、線路沿いに家がある人は毎日浴び続けていたみたいなものだろう。

超きれい好きといわれる日本人だって、30年くらい前までは意識していないまでも、電車のトイレを使うことで、無意識にそのへんに糞尿まき散らしていた、という恐ろしい事実。
だから、短距離の私鉄にはトイレがついてないんだね~
全部の電車が人間の糞尿まき散らさなくなったのは、21世紀に入ってから。まだ10年ほどしかたっていないそうだ。

新幹線以外で国鉄を使うことがあまりなかったから、トイレをのぞくと地面が見えるって光景は、日本では記憶にないのだが・・・
フランスースイスの間を移動する列車では、地面が飛ぶように流れていくのを見たような気がする。ほんとに垂れ流しだ。
大陸の方では、そういう列車のトイレが今でも普通に使われていて、人間のモノがまかれているんだから、犬のモノを気にすることもないだろう。
写真ではおしゃれな町もけっこう汚かったり臭かったり・・・写真や映像で臭いは伝わってこないが・・・
日本と外国では、要求される清潔度の基準が違う。


今時の日本人は超きれい好き~~
21世紀の今は、すっかりどの電車も汚物をまき散らすことなく走っている。
酔っ払いが道端にまき散らすくらいだろう。

そこに、散歩中の犬が縄張りチェックしてるんで~~と、平然とジャージャーしていったのでは・・・
人間の暮らしがランクアップして、きれいな街にしようとしているのに、犬がそれを台無しにしているって思われても仕方ないだろう。

人間と同じような権利を要求するなら、それ相応の努力を犬にもしてもらわないといけないんじゃない??
避難所に犬を入れてくれない!って、まわりでワイワイ言うけど・・・
実際に入ったことのある人なら、わかるはず。
人間の汚物だけでも臭いのに、トイレ関係なくそのへんにまき散らす、ところ構わずし始める犬がいたら嫌がられるのは、当たり前だと。

マニュアルには犬を連れて避難してくださいとしたところもあったが・・・実際には犬がいると、とんでもなくたいへんだ、やめておけばよかったと、現場の人が苦労したようだ。
権利を主張するのは簡単ですけどね~~実際はたいへんだよ。
受入れ可能って言ったら、そこに集中してしまうから、受入れていても公表しないで欲しいとか、現場の人は苦労していても、そんなの実際にいない人にはわからないから、何とかしてくれって言うけど・・・
自分のお金でペットホテルに預けるとか、犬の飼育可能な物件を借りるとか、自力で解決している人も実際にはたくさんいるのに・・・人にどうにかしてくれってのも・・・

自分が寝ようとしている時に、全く知らないよその犬が耳元に来て、ワンワン吠えまくって寝させてくれない。
やっと寝たら、寝ている間に、近寄ってきて、着ている洋服や布団におしっこかけた。
水が出ないから、汚れた服や布団を洗うこともできないし、自分の体を洗うこともできない。
着替えの服もなくて、どこの犬かもわからない犬のおしっこの臭いのする服をそのまま着続ける・・・
たとえ犬好きでも、トラブルにならない方がおかしい。
犬嫌いな人なら、なおさらだ。

非常時でも、汚物をかけられるなんてのは、普通我慢できないだろう。
なんで、犬が嫌がられるのか、わかっていれば対処もできるだろうが・・・ただ、家族だから一緒に!って言うだけじゃあね~
家族なら、まずは排尿コントロールを身につけてもらわないと、きれい好きの日本人と一緒の場所には居づらいだろう。
汚くてもぜ~んぜん気にしないから!って言ってくれる人が、そんなにいるはずがない。
実際に体験しないで、理想ばっかり言ってもね~~理想と現実はかけ離れているのだよ。

よその犬が家の中に勝手に上がってきて、部屋の中で用を足している様子を想像したら、犬があちこちで嫌がられる理由がわかるんじゃないかと思うんだけど~~
なんで、平気で外でさせるのか、わからないわ。
昔は人間も外でしてたから、犬もついでにそれでよかったけど、今はもう、それが許しがたい行為になってきてるんでしょ。
犬だから当然の行為なんだ!って主張されても、他人には迷惑なだけ。
人間だって当然排尿するけど、日本ではしていい場所は決められ、特殊事情のある人以外は、処理可能なトイレに行くんだから。。。
プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた