夢の吊橋

へへへ・・・あそこまで・・・下りるんですか??
IMG_96250_20160906213555738.jpg
若干顔を引きつらせる犬。
ただの坂道とか階段じゃなくて、隙間のある金属の狭い階段はシロンには無理なんで、あなたはそのままお荷物状態で連れていかれるだけです。
暴れずにおとなしーーく抱っこされててくれたら、それでOKです!
IMG_96360.jpg
垂直のハシゴとまではいかないけど、それなりに急階段なんで、写真も撮らずにただ下りてきた。
8月19日(土)遅めのお盆休みの人たちもいるのか、不便な山の中だというのに、けっこうにぎわっていて順番待ちの列が見える。
IMG_96370_2016090621355789c.jpg
一気に湖面が近い。
前方に吊橋・・・だけど、やっぱり低いですね、この吊橋。
人数制限があって、1回に10人しか橋に乗ってはいけない。
混雑時は一方通行で戻ってくることはできないらしいが、この日は相互通行OKだった。
IMG_96400_20160906213559fd8.jpg
反対側に渡り切ると、向こう側には定員11人というようなことが書いてある。
ってことは・・・こっちから渡る側は10人、戻ってくる側は渡ってくる人が10人いてもあと1人だけはOKってことですね。(なんでむこうとこっちで1人違うのか、理解できない人もいると思うが…)
そんなの気にせず、反対側から7~8人一気に戻ってきている時もあって、待っている人たちが、「あれ、10人軽く超えてるよね…」と心配したこともあったけど。
律儀な日本人だったら、そういうのは人に言われなくても注意して乗らないはずだが…と思ったら、みためは日本人ぽいけど、べつの言語を話す国の人たちだった。
そりゃ、日本語のみの注意書きの意味がわかるわけないわ。単一民族の国だから日本語表記のみでOKって時代じゃなくなってるのね・・・こんな山奥でも。
IMG_96460.jpg
吊橋はともかく、ダム湖はなかなか珍しい色ですね。。。
でも、手前との明暗差があってとても写真が撮りにくい。
順番がありますから・・・設定いじって撮ってる暇もないし、てきとーに。
あとで加工したい人は撮った後に調整するんだろうけど、母はそういう趣味はないんで・・・
あとからいじるのは面倒なんでRAWで撮って…ってこともしない。
そういうことはパパの方が好きだから、撮っておいたら、てきとーに手を加えてくれるかもしれないが…

バスクリンのお風呂…みたいな湖です。
シロンは抱っこで連れて行く予定なんで、普段はショルダーとして使っているバッグの後ろ側に隠れているベルトを取り出して、ウエストポーチ機能を追加。肩ひもと腰ひものダブルでシロンを支える父ちゃん。
スリングみたいに袋の中に入っているわけじゃないから、暴れたら、湖に真っ逆さまに転落ですよ!
IMG_96490.jpg
前の日に海に行ってレンズが潮で汚れていたのか?掃除したかどうか記憶にない…
なんか、やたら写りが悪い。どこにピントがあうというわけでもなく、スカッと写らず、全体的にボヤっと写ってる。
シャッターが続けてバシャバシャ言わないから気付かなかったのだが、低速連写モードになっていて、連写の1枚目…ばかりが続いている状態で撮ってたせいかもしれない。とりあえず写りが悪い。
IMG_96520_20160906213616156.jpg
10人しか吊橋の上に乗れないんで、よく覚えていないけど、30分近く待ったよーな気がする。
すいてるように見えるけど、10人乗ってるんで手前で順番待ち中。
係員がいるわけではないから、自分たちで数えて調整する。前の人が向こう岸に着いたら、出発~
20人くらい前に渡ってた20歳前後の男の人がふざけて吊橋をやたら揺らしていた。よその子供も一緒に渡っていたというのに、自分がやってみたいから、異常にユラユラ揺らしていた。
橋の上を歩いている女の人が急に大きく揺れるのは誰かが意図的に揺らしているのだと気付いて「やめて!」と叫んだら、よりいっそう揺らしだす嫌な男。
後ろに並んでいた若い女性たちが、「ああいう人と一緒に渡らないといけなかったら最悪ーー」と。確かに・・・人の迷惑考えずに、自分がやりたいようにやっていて、やめてって言われてもっと激しく揺らすってどういう神経なのやら…
IMG_96540_2016090621361898d.jpg
人が歩ける部分は板2枚分程度だけど、そのすぐ横に柵のような手すりがついてるから、難易度は低い。
下の長い板の下の横棒も間隔狭めでスッカスカ感がないから、あまり怖さは感じない。
すれ違う必要があって、この板の上で横向きにならない時以外は手すりは使わなくても普通に歩ける。けど、わりと皆さんしっかり横の手すりを握りしめつつ進んでいた。母はまだ使わなくても、平衡感覚はそれほど鈍くないよーだ。
IMG_96550_201609062136192fa.jpg
けどさ・・・自分はまっすぐ立ってるから大丈夫…と思っていても、人が歩くと下の橋が揺れるから・・・こんな写真になってた。
本人は普通に撮ってるつもりだが、下がゆっさゆさ揺れてるんだな、忘れてた。
この日は普段車に積んでいるリュックを静岡の家に忘れてきたんで、自分のバッグとシロンの散歩バッグとカメラバッグと水筒という大荷物を腕にかけて写真撮っているのもいけないのだが・・・重い。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

山本 奈々さんへ

この水の色・・・不思議な色。
中の様子がさっぱりわからないってのも不思議。
橋の上からじゃなくて、もっと近くで見たら、中が見えるのかな??

以下、自分のブログなんで好き勝手に長々書きますけど、べつに読まなくてもけっこうですよ。
店内撮影禁止は、この辺りでは一般常識みたいなものなので・・・同じ系列でも地域差があるんですね。

うちの辺りではほとんどの大型店は店内撮影禁止。
京都や大阪も基本はそういう感じかと…だいたい入口付近に撮影禁止マークがついています。
何も書かれていなくても店内写真を撮るのはNGってのが、一般常識だったのですが、
今時は注意書きがないのはOKの意味というとらえ方をする人が増えていますね。
そちらではお店が認めているのならよいのですが、他地域にお出かけの際はいちおう気を付けてください。
一般人が日常風景をちょっと撮るだけなら、とくに咎められることもないかと思いますが…
周囲の人物の写り込みは要注意です。

小さい子供を連れた親とか、撮られることをものすごく気にする人もいます。
娘がケータイ(スマホじゃなくて古い画像の粗いヤツ)で、友達の写真を撮ったら、
しばらくして親から「この前撮った写真消してくれる?」と言われて、びっくりしました。
特別ヘンな姿が写っているわけではなく、普通にかわいい顔の写真だけど、
逆にかわいい子だから、危険だと親が思っているみたいで…
子供同士で撮った写真でも、ネットにつながる状態のとこに入っているのが怖い・・・のだそうです。
その写真つけて、ヘンなサイトに投稿されちゃったり・・・とかって心配でしょうか。
よその子供が入ってしまうような時はとくに注意した方がよいかと。

今はスマホとか小さいカメラで目立たずに撮影できるから、
写真は好きに撮って当たり前って感覚の人が増えているけど、
何十年も前からカメラを使っている者には信じられない感覚なのです。
広告費をかけなくてもお店の宣伝になるから・・・と黙認するどころか積極的に撮らせる店が増えたってのもありますが・・・
親に注意されて育った人たちは、若くてもそういうのをためらうから、
うちの子の周囲にいる子たちはわりと気にするタイプの子が多いです。育った環境の違いでしょう。

とくに嫌がられるのは、店の商品を勝手に使用して写真を撮ること。
商品を買う気がないのに、店内で装着した状態で写真だけ撮って帰る人が多い店があって、そういうとこでは真剣に注意されます。
店内にもあちこちに、ここで写真を撮らないで❤ おうちに帰ってから撮ってね❤みたいな感じで、やさしく書かれていますけど…
買わずに勝手に写真だけ撮るなよ!とほんとは書きたいでしょう。
商品を勝手に使って、写真だけ撮って、そのまま置いて帰られたら、残るのは何人かに使われた中古品のような品・・・で、売れなくなって困るのです。

でも、同じ店でも家にいる娘にその商品が欲しいかどうか確認するために写メします?って店員さんの方から勧めることはあります。
そういう時は撮ってもらっていいですよ~~って。
昔はなかった道具の使い方も時と場合ですね。

ペットを連れて入れる店では、試着というか、勝手に使って写真だけ撮って、
買わずにすんじゃった、ラッキ~!なんて写真を載せちゃう人がいるけど、買う側としては嫌ですよね、そういう店。
お金も払わずに勝手に商品を使われて、その勝手に使った商品が売られてます…ってのを垂れ流されたら、店側はいい迷惑でしょう。勝手に店名まで載せないでくれ…って感じかと。

お高い趣味の品を売る店では、ん?メール来た??と見ようとしただけで
店員さんがすっ飛んできて、写真は撮らないでくださいね!!と、しまうまで張り付かれます。
売っている品が芸術作品みたいなもので、勝手に画像が流出したら困る物なのだそうです。

商品の陳列している状態がお店の知的財産というか、勝手に見せちゃダメなものって認識も必要かと思います。
だから、うちではどこかに出かけても、商品や人が写ってる写真がほとんどないのです。
人気ブロガーはお店の中の写真が必須みたいだけど、それは常識が邪魔してできません…
ネット社会と現実の社会の違いってのはそういうのもあるかな~っと。


ところで、そちらのディオワールドには犬専用カートがないのですか!!
それは、またびっくり。
人間が使うカートはあるんですよね。
みんな手にカゴを持ってお買い物~だったら、見通しがよくていいけど
でっかいカートを押して歩くと、急に飛び出して来た小さい犬は見えないんです。

店内の混雑度が違うんでしょうかね??
昨日もすごい混雑で通路はすれ違いできない箇所もいっぱいあってたいへんでした。
小型犬どころか、人間の小さい子も歩かせたら危険な感じで、みんなカートに乗せられていました。

以前、数匹犬を連れた人の犬にカートが当たって大騒ぎしているのをすぐ近くで見ました。
どー考えても、犬を野放しで買い物していた人の方が悪いと思うんですけど…
そういう迷惑な客がいるので、こっちでは専用カートが必須です!

大型犬で歩かせる場合も長いリード不可、なければ店で貸し出すので
短いリードに付け替えて歩かせるようにとか、いろいろ細かい指示が増えています。
数が増えれば、トラブルも増える。。。
以前は歩かすことができたのに、今は専用カートか抱っこ限定になってしまいました。
雨の日のトイレに駐車場を使う人もいますが、濡れない店内を運動場代わりに走らせる人とかいたんじゃないか・・・って気がします。

お年寄りは若者が考えているほど足が上がらないので
低い位置にある小型犬のリードは超危険物でもあります。
びみょ~な低い位置にある紐に足をひっかけると盛大にすっ転ぶんですって。
普通に歩いているならまだしも、物持っていて下が見えないと・・・
お年寄りじゃなくても、ひっかかりますし。。。
自分の家の庭で、自分の家の犬をつないでいた紐に足をひっかけて
盛大に転んで骨をややこしく折って、入院した中年女性(私じゃないですよ!)知ってます。
え、こんなものが?と思うようなものが凶器になるので・・・超小型犬も意外に危険物なんです。

小さいから、噛まないし危険じゃないって思っていても
その犬に引っかかって転倒、骨折って人がけっこういるんです。
そんな低い位置に障害物があるはずがない!と思って歩いていて、引っかかる物体ってのは、厄介みたいです。
転倒した人の下敷きになれば、犬の方も無事でいられるかわからないし・・・
気を付けてください。

No title

こんにちは!

綺麗な場所ですね~(∩´∀`)∩
こんな水色??というか綺麗な青色
凄いですね~♪

一緒におでかけよかったですね(*´ω`)


本日ブログにコメントありがとうございました
写真撮影禁止と書いてもらいましたが
お店に電話したらOKだったのでそちらの
店舗だけかな?と、思います
それか、ペットショップの子犬ちゃんは
撮影ダメみたいですけどそのことかな?と思います。

それと、こちらはカートが犬専用カートがないので
歩かせてます、勿論人が多い場所やカートが多い場合
だっこにしてますけども、配慮はしているつもりですが
危ないんですね、ご忠告ありがとうございました。
プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた